blank
blank
blank


blank blank

ロイヤルパープル社  超高性能ケミカル商品
blank




- ロイヤルパープル社  超高性能ケミカル商品 -


ロイヤルパープル 超高性能潤滑剤 マックスチェーン  

ロイヤルパープル 超高性能潤滑剤 マックスチェーン

 

※内容量は、4オンス、11オンスの2種類ご用意しております。

 

個数を増やしていただいても、送料は、400円のままです。当店は、いくら購入されても、

一律400円ぽっきりで、お送りさせていただいております。

 


★ロイヤルパープル 超高性能潤滑剤 マックスチェーン

 

 

特に自転車・バイクのかたに、最強の潤滑剤を提供します。


◎この商品には、特に、分かりやすい説明が必要です。

特に重宝されるのは、自転車とバイクのかたがたでしょう。他には車の駆動部分の一部も適合すると思われます。
マックスフィルムではシャビシャビ過ぎると思われたら、こちらが適合です。マックスフィルムと、グリースの中間的存在だと考えて下さい。

説明文をしっかり読んで、お使い下さい。これもまた、ものすごい威力を発揮します。

 

こちらは、クレの5-56などと違って、蒸発しません(MAXfilmも蒸発しないと思われます)。

粘着力が強く、名前通り(マックスチェーン)、自転車やバイクのチェーン部分などに使うと最も効果が強くでるでしょう。

そして、長持ちするでしょう。

 

自転車、バイクのチェーン部分、回転部分などに、特にお勧めです。回転部分は、マックスフィルムのほうがいいかもしれませんので、チェーンと回転部分を使い分ける事により、最強の自転車、バイクの性能を引き出す事が出来るでしょう。

 

 

下記はロイヤルパープル社の説明からの抜粋です


Max-Chainは、ほこりの多い環境で動作するチェーンや、露出しているギア部分などにお勧めします。 Max-Chainは、チェーン、露出しているギア、さらには、腐食さえしている金属の表面に、ひどい湿度の多い境下でさえ、優れた保護力をもつ、先進的な高性能合成潤滑剤です。

Max-Chainは、溶媒と配合された独自のチキソトロピー性潤滑剤です。これを吹き付けますと、強靭で乾燥したワックス様フィルムが残ります。

この非粘着性フィルムは、研磨屑および他の浮遊汚染物質の収集を効果的に最小限に抑えます。

Max-Chainの特性は摩耗を大幅に低減し、機器寿命を効果的に延長します。 

 

 
 
 
ロイヤルパープル社の最先端の技術


◎Synerlec(シナーレック)テクノロジー
 
(このテクノロジーが、ロイヤルフィルムにも使われています。そして、信じられないほどの潤滑スプレーが、この世に登場する事になりました。)

ロイヤルパープル社が開発した添加剤が『 Synerlec 』です。金属表面とオイルを結び付けることが可能で、一般的な添加剤と比較して、油膜が強い、耐荷重性能に優れる、いったん痛んだ金属表面を滑らかに改善するなどの独特のパフォーマンスを発揮する能力を持っています。

強い油膜はオイルの粘度をあげる事で形成されますが金属表面が荒れている場合はオイルの粘度だけでは十分な油膜を保持する事ができません。

 
そこで金属表面を平滑化し、強い油膜を再形成できるのが他のオイルメーカーが絶対真似のできないSynerlecテクノロジーです。
 
 
 
 
 
 
 
 
————————————————————————————————————-
これより先は、ロイヤルパープル マックスチェーンの、「お客様の声」とします。
————————————————————————————————————-
 
Aさんのコメント: マックスチェーンを使うだけで、テフロンオイルとの比較でさえ、少なく見積もっても10W分も抵抗が減っていた!
 
プロケーブル様
 
先般、マックスチェーンのテストを再度行いました。
 
チタンの鎧の施工品(以下 A)
ロイヤルパープルのマックスチェーン
 
・非施工品     (以下 B)
他社のテフロンオイル トリフロー。(この実験が、摩擦係数が氷の次に少ないと言われている、テフロンオイルとの比較である事に注意!)
においての相対評価(A,Bを同じ条件で抵抗値を読む)
を行いました。

 ケイデンス90回転で時速30kmにおいて  
A 1.75アンペア
B 1.80アンペア

ケイデンス130回転で時速40kmにおいて
A 2.05アンペア
B 2.15アンペア
アンペア計が振れるので平均値を読んでいます。

速度を上げた時に数値の差分が拡大していることから
さらに速度上げた場合、差分が拡大することが推測出来ます。
(今回、装置の安全が確保出来ないので、40kmで止めました。

5V×0.1A=0.5W

車速を60km程度に挙げた場合、0.3A程度まで拡大出来るのではないでしょうか?
(ここは、安全を確保して、今後精査したいですね。)

人間の出力を100Vと想定した場合
0.5W×20倍(5V×20倍=100ボルト)

10w軽減です。(少なく見積もっていますよ。)

10wだとしても

「10ワットとは例えばアルプデュエズを登る場合1分04秒早く、30秒間のスプリントで2.8m進み、アワーレコードでは776m先に進む計算(いずれもミシュランのデータ)。レースにおける極限の場面では10ワットという数値が生み出すアドバンテージは計り知れないのだ。」
( https://www.cyclowired.jp/microsite/node

 
計測では、わずかに思える差でも、自転車のレースなら長い時間走るので、大きな差になると確信しています。
 
今後とも宜しくお願いしますね。
 
 
 
プロケーブル注:)このかたのコメントの中に、「ミシュランのデータ」というコメントがありましたので、ミシュランの自転車用レーシングタイヤで調べてみました。そうしましたら、下記の文章が出てきました。
 
・グリップ性能を35%UPさせつつ、
  転がり抵抗の改善により、
  平均時速35kmで走った場合に10wの効率化が可能。
 
 
 
プロケーブル注:)
このかたが言われるように、10Wは、どうやら大きい数字のようです。しかも時速40キロで、10W節減との事で、マックスチェーンとミシュランのレーシング用タイヤとは、ほぼ同じ分、スピードを増すということも、分かってきました。両方使えば、無敵の自転車になることでしょう。バイクにも同じ事が言えます。
バイクの場合は、80キロや100キロ出す事もあるうえ、長い距離を走ることからも燃費向上や、走りのスムーズさにおいて、相当な威力があると感じた次第です。燃費も良くなり、加速も増すということでしょうか。世界のトップ企業、ロイヤルパープル社の実力についても、このかたのコメントで、より明瞭になりました。何を出しても凄いメーカーだと、つくづく思い知った次第です。
 
 
 
 
 
 
 
ロイヤルパープル 超高性能潤滑剤 マックスチェーン ロイヤルパープル 超高性能潤滑剤 マックスチェーン

 

blank blank


無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 

blank