blank
blank
blank


blank blank

マイクケーブル/MIDIケーブル/その他レコーディング用ケーブル
blank



- マイクケーブル/MIDIケーブル/その他レコーディング用ケーブル -


MOGAMI モガミ 2534 マイクケーブル  

機材の端子形状の把握をされたうえ、ご注文お願い致します。

注:)ケーブルは短いほうが良かろうと、ギリギリの長さでご注文されるかたが最近多々見受けられます。それは、USBケーブルやファイヤーワイヤーなど「長さに弱い規格の話」であって、アナログケーブルやスピーカーケーブル、同軸ケーブルなどは品質さえ良ければ10m以上引いても平気です。品質が悪いと長ければそれだけ音がより歪むというだけのことですので、8412クラスのものを使われる際には、ギリギリの長さでのご注文はご遠慮ください。


日本を代表するマイクケーブルが、このモガミ2534です。




■モガミ2534

 

都内のメジャーレコーディングスタジオのマイクケーブルの定番は、この2534か、これに準じた型番のケーブルになります。モガミは二芯のものは、ハイが上がってフラットにはなりません。2534こそが、世界戦略品として、モガミが出している切り札、フラットな特性を備えたケーブルになります。プロ用ケーブルといえども、各社本当に優れているケーブルは、せいぜい一種類か二種類です。モガミの場合には、それは、世界戦略品の、2534になります。

モガミ2534の精度は、ベルデン8412と同じく、全周波数帯域に渡って、0.1db以下となります。この精度は、もはや、真っ直ぐに定規で引いた線、というほどの精度になります。アンプのクラウンD45の精度がそれであり、ベルデン8412、あの名ケーブルの精度がそれです。それほどのケーブルが国産で存在するということは、我々はとても恵まれていると思います。精度が高いことから、CDPからプリのみならず、プリからパワーアンプにも向いていますし、マイクケーブルとしても、絶品です。国産の至高のケーブルがこれです。

 

 

 

 

 


■スターカッド接続のケーブルについて

モガミ、カナレの主流商品は、スターカッド接続です。これは2芯のケーブル、往年からあるBelden 8412等の、バランス転送の原理をそのまま応用して、磁界の影響を受けにくくして、ノイズを削減するという考え方のケーブルです。それはそれで非常に優秀です。が、周波数特性のコントロールは、2芯、あるいは3芯のほうがしやすいでしょう。

現にカナレ社の技術者は、2芯のほうが周波数特性に優れていると言っています。4芯の考え方は特に日本で普及したようです。これは標準の電源の、「アースの有無」が大きく影響したのではないかと考えられます。外皮のシールドにきちんとアースが来ていれば、それが磁界の影響をも遮断するのですから、むしろ、それによって、ケーブル内部のアースラインを守ったほうが良いのではないかと、思えます。アースが来ていない環境の多い場所(日本国内ですが)では、磁界の影響を受けにくくするほうに重きを置いたということでしょう。

いづれにしましても、モガミもカナレのその4芯ものこそが、日本の標準の音を作ってきたわけですし、日本のように、アースが来ていない場所が多い環境でも、ノイズに対しては確かに強いのですから、モガミ、カナレを選ばれるときには、当店が出している4芯ものの世界戦略品を選択されるのがベストチョイスです。4芯ものがスタンダードのメーカーの2芯のケーブルというのは、特にモガミ社のケーブルがそうですが、特性が変化して、かえって使いにくいことになりますので、日本国内でのマイクケーブルは四芯の2534、これを忘れないで下さい。

——————————————————–
これより先は、「お客様の声」とします。
———————————————————

モガミ2534 マイクケーブル

日本の音楽の標準の音のマイクケーブルです。日本のマイクケーブルの「キング」に位置するケーブルが、モガミ2534です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blank blank


無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 

blank