blank
blank
blank


blank blank

HDMIケーブル DisplayPortケーブル  DVIケーブル
blank




- HDMIケーブル DisplayPortケーブル  DVIケーブル -


米国C2G社 MiniDisplayPort-DisplayPort変換ケーブル(白)  

C2G社製 MiniDisplayPort (オス)ーDiplayPort (オス) 変換ケーブル

米国C2G社の、 MiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブルです。
MiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブルとしては最良の一品です。
パソコンを使って、液晶テレビなどで、DVD鑑賞をする時などに、お使い下さい。

ケーブルの長さは90cm、1.8m、3mの3種類となります。

 


 


世界最良の米国C2G社の、
MiniDisplayPort (オス【アップルのサンダーボルト】)ーDisplayPort (オス) です。

米国C2G社のMiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブルです。

これこそが、世界でも最良のMiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブルの一つになると思います。

4Kのモニターを使ってのゲーマーさん、他には、ミニディスプレイポートというのは、アップルのコンピューターのサンダーボルトと互換性がありますので、サンダーボルト付きの最近のラティナディスプレイもののマックであれば、ディスプレイが4Kであるだけで、いつでも超高解像度で、大画面を楽しんでいただけます。

さらには、詳細画面で映画鑑賞をされるかたは、液晶テレビの大型ものなどによる時代に移行していくと思われます。プロジェクターは大袈裟過ぎるのです。その時の切り札は、パソコンを使ってのDVD再生になり、必要なものは、 MiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブルになります。

最高の映像を、パソコンによるDVD再生で求めるかたのために。



■ MiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブル

米国C2G社の、世界でも超高性能の、 MiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブルです。まず第一に、ケーブルの場合には、それがC2Gという手抜きが一切無いメーカーによるものであることに、注目してください。

C2Gであることによって、スペックがもろに映像に出るのです。C2Gと渡り合っているのは、世界広しといえども、あのunibrain社しか無いでしょう。この二つのメーカーは、世界の二大双璧のトップメーカーです。

ウルトラクリア 4K UHD(3840×2160の解像度、さらには、60Hz『60P』)の超高解像度で精確性を実現しております。機材側がそうであるのは当然ですが、今もケーブルの品質が異常に悪く、皆さんの足を引っ張っている現状を考えますと、C2Gのものを出さざるを得ませんでした。

これを必要としていたかたは多いのではないでしょうか。今やテレビ側にも、DisplayPort入力が付いているものが多ですから(特に大型の最新モデル)、この、MiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブルで、パソコンをブルーレイプレーヤーにして、思う存分、4Kの、濃い映像の、ブルーレイ映像をお楽しみ下さい(音が薄いということは、映像も、高額なだけのブルーレイプレーヤーくらいでは、非常に薄いのでしょう!)。

なお、この種の変換ケーブルは、異常に高価な、いかがわしいものは避けて下さい。それよりは、C2G社のきちんとしたインピーダンス特性で製作されている、世界でも最高レベルのケーブルを使って下さい。

 

 

上の写真は、左側がMiniDisplayPort端子、右側がDisplayPort端子になります。

■米国C2G社のMiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブルの用途は、パソコンから4Kディスプレイ、又は、パソコンから液晶テレビです。DVDの映画鑑賞にどうぞ。

 

 

 

 

—————————————————————————————————————–
これより先は、米国C2G社の、MiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブルの「お客様の声」とします。
—————————————————————————————————————–

 

Aさんのコメント: プロの画家さんから素晴らしいコメントを頂きました!!

 

プロケーブル 様

お世話になっております、甲府の○○です。
昨日無事に受け取りました。ありがとうございました。

米国C2G社 MiniDisplayPort-DisplayPort変換ケーブル、
米国A2D社 バージョン1.4 HDMIケーブルともに素晴らしいですね。

昨年の暮に頂いたパイオニア BDR-X07JM と unibrain のコンビ、DVDの再生でも威力を感じました。
それで、せっかくブルーレイドライブを手に入れたのだからと、MACにブルーレイ再生用ソフトも入れました。
結果、米国C2G社のケーブル導入となったのですが、今回も感動ものでした。

2001年頃のDVDながらイマイチ画質が良くなくて、内容は大変気に入っているのに・・・という作品から、
見えていなかったディテールが微細なところまで現れてきまして、びっくりしました。

全体にコントラストが強くなったのにも関わらず、ハイライト側もシャドー側も飛んだり潰れたりせず、描写があいまいになりません
当然、中間トーンや微細な色の違いは、色幅と諧調幅がひろがった分余裕をもって描き分けているのが解ります。

驚いたのは、さほど気にしていなかったというか普段は気にする事などないであろう、
画面端の黒枠部分がしっかり再現されたおかげ(4対3の映像です)で、

“フィルム”ムービカメラ由来のフレーム枠をはっきり認識できるようになりました。

シーンの切り替えごとに、レンズを換えた(あるいは絞りの値をかえたり、場合によってはカメラごと換えた?)事が、
色味や描写傾向のみならず
フレーム角のカタチや色・フレーム自体のにじみでも解るという・・・。

そのような見方ができる映像作品とは思いもしていなかったので、ビックリしました。

そのDVD、制作時のデータに”KODAKの35mmフィルムを使用した”とわざわざふれていたので、こだわりはあったのだろう、
としか思っていなかったのですが、
そのこだわり具合が今になって良くわかりました。制作者に申し訳なかったなと。C2G社さまさまです。

半球型ソルボセイン、パイオニア BDR-X07JM につけてみたのですが、もしかしたら音にも少し効果があるかもしれないです。(DVDやBDの再生時に)
正直、厳密になんども付けたり外したりして検証したわけではなく、2~3回付け外しただけなので気分的なものかもしれないですが
なんとなく付けたときの音のほうがしっくり感じます。で、今は付けたままで聞いております。

特に、オーケストラでホーン系楽器がパーンとくる曲など、ちょっとまだ音がキツイかなと思っていたものがあまり気にならなくなったような気がします。
また、全体に、ごく僅かですが音の重心(?)が下がったというか前回、BDR-X07JM の時に、もしかしたらAE線のほうが良いのかもとお話ししました理由の箇所です。

音の焦点はだいぶあってきていて、もう余り切りたくないというか躊躇するところなのだけれど、部分的にちょっと耳につくなぁと感じていた箇所です。
これ、もしかしたら、ソルボセインを付けたから~という思い込みもあるかもしれないので、断定はできないのですけれども。
暫く聞きこんでみようと思っております。まさか、リッピング時に影響はないでしょうが。

それでは、この度もありがとうございました。
コロナウィルス等気になる病気が話題になっております、どうぞお身体を大切にしてくださいませ。

○○ ○○

 

 

米国C2G社の MiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブル

米国C2G社の MiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブルです。C2G社の MiniDisplayPort (オス)ーDisplayPort (オス) 変換ケーブルの性能は異次元です。

 

blank blank


無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 

blank