blank
blank
blank


blank blank

カーオーディオ用・超高性能エンジンオイル、その他
blank

- カーオーディオ用・超高性能エンジンオイル、その他 -
 
ロイヤルパープル 超高性能ATFオイル MAX ATF

ロイヤルパープル 超高性能ATFオイル MAX ATF  

★米国製のオイルは、1クォート単位で売られている事が大半です。1クォートは、約950cc、正確には946.35ccになります。
4リッター必要なお車の場合には、4本から5本必要になりますので、油量には、十二分にご注意下さい。



※複数ご入用の方は、次ページの注文フォームにて、数量の変更をお願い致します。

個数を増やしていただいても、送料は、400円のままです。当店は、いくら購入されても、一律400円ぽっきりで、お送りさせていただいております。



注:)オイル交換時の、持ち込み先は、オートバックスへ持ち込んで下さい。

エンジンオイルは、540円(消費税込み)の持ち込み料金で、交換してくれます。
ギアオイルの場合には、756円(消費税込み)の持ち込み料金で交換してくれます。
ATFオイルについては未確認ですが、似たような値段だと思います。
いづれも、良心的な値段だと思います。



Price :
¥2,200 (税込)



★新車に使われる際の注意事項:

新車にご使用になる場合新車の場合は、ならし運転期間(走行距離3,000〜5,000km)を
終えたあとに、Royal Purple を使用して下さい。


★ご注意:)こちらは、オートマのミッション部分の、ATFオイルです。エンジンオイルではありませんので、ご注意下さい。


なお、CVTとDCTのミッションには向きません。
通常のオートマミッション用のATFオイルですの
で、ご注意下さい。




★ご注意:)こちらは、オートマのミッション部分の、ATFオイルです。エンジンオイルではありませんので、ご注意下さい。

なお、CVTとDCTのミッションには向きません。
通常のオートマミッション用のATFオイルですの
で、ご注意下さい。


★新車に使われる際の注意事項:

新車にご使用になる場合新車の場合は、ならし運転期間(走行距離3,000〜5,000km)を
終えたあとに、Royal Purple を使用して下さい。


★カーオーディオ用・超高性能 ATFオイル・ロイヤルパープル MAX ATF


ATFオイルにも、月からスッポンまで、実に色々なレベルのオイルがある事をご存じでしょうか。ATFオイルも、事情は、まったく同じです。というよりは・・・、

実は、ATFオイルこそが、エンジンオイル以上に、威力がある事が、とうとう当店には、分かってまいりました。詳しくは、Aさんのコメントと、その下の、プロケーブル注:)を、お読み下さい。



驚かれるかもしれませんが、高額なばかりで、4リッター缶 に入っているものの中には、廃油から再生したオイル、つまり「再生オイル」すら混じっているのが、この日本国内のエンジンオイル事情だそうです。


日本人の一番いけないところは、同胞である日本人を騙して、「ぼったくる」というところにこそ、その民族性においての脆弱さがあります。これはオーディオの事情と全く同じでした。日本人が一番信用してはいけない民族は、悲しいかな、同胞の日本人なのです。

生粋の米国製オイルは、日本で見かけるような4リッター缶ではなく、必ずこのロイヤルパープルのように、クォート単位で(約1リッター弱)、ポリタンクに入って売られているので、安全な米国製のエンジンオイルを入手する為には、ポリタンク入りのものを買いなさいと、私は詳しいかたから指導された事があります。

でないと、廃油を再生した再生オイルに、してやられる可能性があるからとの事でした。実は、ホームセンターなどで売られている、クォート単位の、ポリタンク入りのものも、みかけや値段からは想像出来ないほど高性能であるということも、裏情報として入手しております。

エンジンオイルだけは、廃油を避けようと思えば、ポリタンク入りのものでないといけなかったのです(全ての4リッター缶が廃油とは言いませんが・・)。

ロイヤルパープルというのは、おそらく皆さんの聞き慣れない名前のエンジンオイルだと思いますが、すでに、当店をご利用のかたは、その異常なほどの高性能ぶりを、ご存じです。

ロイヤルパープルのATFオイルも、ロイヤルパープルのエンジンオイルなどと、事情は同じですので、ぜひとも、使ってみて下さい。いや、エンジンオイルより、ATFオイルのほうが、威力がありそうです。

このロイヤルパープルのATFオイル、相当なものだと思います。ぜひ一度、お使い下さい。




注:)

今までの商品説明、及び、お客さまのコメントが、更新した段階で、何が起きたのか、消えてしまいました。BさんからDさんのコメントまでは復旧しましたが、Aさんのコメントが消えてしまいました。(オートマオイルも、結構皆さんに、購入していただいていたのです)。

サーバーのバックアップにも残っていなかったとの事で、復旧が難しいですから、あきらめますが、BさんからDさんのコメントだけでも、ロイヤルパープルのオートマオイル(ATFオイル)の正体を、これでもか!と、暴き出しております。

三名だけのコメントですが、Bさんのコメント、Cさんのコメント、Dさんのコメントとして、ATFオイルの秘密に迫ってみようと思います。実は、ATFオイルほど、強烈なものは、他に無かったのです。


-----------------------------------------------

Bさんのコメント: ギアをDに入れ、ブレーキを開放した瞬間…「おおっ!」


ProCable御中
お世話になります。
無事に商品を受け取りました。
いつも素早い発送ありがとうございます。
実は商品が届いたのとほぼ同時に突発性難聴という病気にかかってしまい、右耳の耳鳴りが止まらなくなってしまいました。
なので、Belden88761は回復後のお楽しみにとっておこうと思います。
で、一緒に買ったRoyalpurpleです。
MAXATFの交換が終わり、その実力を体感できたのでその感想をお伝えしたくメールさせていただきました。
HPS 5W-20エンジンオイルに交換してその気持ち悪いほどの静粛性と滑らかさにただただ驚きました。
オーディオのボリュームは絞って、静粛さを楽しんでい始末です。
ハイエースというエンジンの真上にシートがあ車両だけに、余計に効果が分かりやすかったのも大きいと思います。
エンジンオイルを変えただけなのに、運転が楽しくて仕方ありません。
すっかりRoyalpurple信者になってしまい、ATFに手を出すのは必然、の状態でした(笑)
作業が終わり、エンジンを始動させギアをDに入れ、ブレーキを開放した瞬間…
「おおっ!」
とクリープで力強く車が前に進むではありませんか!
そしてアクセルを踏み込むと…
グイッとこれまで以上に前に進みます。
レバー操作、シフトチェンジのレスポンスも向上!
DIYでATF全容量の1/3相当の約3Lを交換しましたが、それでこの効果です。
全容量交換したらどうなのでしょうか…
しかも交換したてでまだシナーレックが馴染んでいない状態です。
エンジンオイルも1000kmほどから本領を発揮してきたので、今後が楽しみです。
先に述べたように楽しくなった運転が更に楽しくなりました。
無意味に乗りたくなって仕方ありません(笑)
本当にいい商品を提供してくださってありがとうございます。
今後もよしくお願いいたします。
〇〇 〇〇


-----------------------------------------------

Cさんのコメント: 延べ2000キロの走行で、車のレスポンスの向上を体感!

日頃より大変お世話
なっおります。
掛川市の〇〇でございます。

先日はATFのご提供、ありがとうございました。
交換しから2週間程、延べ2000km程走行したのですが、一番体感したのは車のレスホ゜ンスの向上です。
今回、エンシ゛ンオイルを注文するタイミンク゛ということもあり、エンシ゛ンオイルは8000km程走行した状態ですが、それでもATF交換よるATのタ゛イレクト感、ハ゜ワー感の向上を感じおります。
エンシ゛ンオイルが交換時期ということもあり、静粛性の向上は体感できなかったのが悔やまれますが、それでもロイヤルハ゜ーフ゜ルらしい効果を体感でき嬉しく思います。

思えばロイヤルハ゜ーフ゜ルからというもの、車がより従順動いくれるので、ついついスヒ゜ート゛をだし気味なっしまっおり、ハ゛イハ゜ス走行などでは自制が必要な程です。
(プロケーブル注:これは誰もがそうなると思いますので、ロイヤルパープル使用時には、気をつけて下さい。)

今回、気付けば11万Kmを超えた愛車またまたうっつけのようなタイフ゜のオイルが発売されたようなので、これはぜひ!と思った次第です。




-----------------------------------------------

Dさんのコメント: 車の何たるかをとうとう理解した!

プロケーブル様

こんばんは。〇〇です。とうとうZ(注:フェアレディZのこと)が化けました。

これまで、ロイヤルパープルシリーズのXPRエンジンオイル、ギアオイル→デフオイルで使用、ATFオイルと、Zの血液を殆どロイヤルパープルに変えてきました。しかし、強烈な変化が得られないまま、今日まで乗ってきました。

それが化けたのです。

今日はブレンボのブレーキパッドを交換してもらいました。ところが、ブレーキフルードを交換しないと危ないと言われ、オートバックスで一番安いブレーキフルードに交換してもらいました。

そして、道路に出てからZが変化しました。

滑らかにスピードを出す車なので、その性能はそのままに、走り出すスピードが早くなっているのです。しかも、乗り心地はほぼ変わりません。最初はビビリましたが、慣れると病みつきになる走りです。

しかも、スピードを出す時の恐怖感がありません。性能は確実に上がっているのにです。

飛行機に例えるなら、離陸時にやたらとスピード感がある離陸と、スピードは出ているのに、ジャンボ機のようにスピード感をあまり感じない離陸。とでも言うのでしょうか。

ロイヤルパープルの実力は、全てが揃わないと出て来ない。人間の体と同じで、血液はきれいでも、髄液に細菌が入って走れない。血液はきれいでも、肥満で速く走れない。そういうもののようです。
(注:これについては疑問もあるので保留とさせていただきます。)

Zは滑らかにスタイリッシュに走るのが得意なので、私でも扱えますが、最初から過激なセッティングの車だと、恐ろしい走りとなります。その代わり、悪路には強いのではないでしょうか。

ロイヤルパープルを使ってから、車の何たるかを理解してきたような気がします。


プロケーブル注:)このかたがたのコメントを読んでいて、ATFオイルについて考えていました。実は、BE-UPオイルというATFオイルがあります。通販でしたら買えると思います。BE-UPオイルを入れた途端、もの凄くパワフルな走りになるのです。そんなATFオイルは、生まれてはじめてでした。

BE-UPオイルは、粘度が粘り強く、エネルギーの伝達を非常に良くしているというところに、そのパワーアップの秘密がありそうです。ただし、燃費が良くなった事は、一度もありませんでした。

この原因は、オートマの中に入り組んでいる細かいギアの抵抗が、強烈な粘度の結果、パワーは増せども、逆に、そこの抵抗が、増えていたからなのだと、今では考えています。

さて、このあたりで、ATFミッションに(オートマ車のミッションというもの)について、説明させて下さい。ATFミッションというのは、非常に細かいギアが入り組んでいて、オイルパンを外しても、オイルが上のほうのトルクコンバーター部分に、ATFオイルがたんまりと溜まっていて、落ちてこないのです。それほど、トルクコンバーターというのは、複雑で、細かいギアが複雑怪奇に入り組んでいる代物なんです。

ベンツなどは、機械での交換が出来ず、オイルパンを外して、オイルパンの中のATFオイルを交換するだけです。結局、3割も交換出来ていないでしょう。ですから、8割がた交換しようと思うと、数回交換しなくてはなりません。

ところが、3割といっても、それが分かっていて、ATFオイルメーカーは、ATFオイルを作っているわけですから、一回の交換でも、BE-UPオイルで、突然のように、出だしが鋭くなったりするように、製造されているのです。

◎さて、今までは序の口の話でした。
BE-UPオイルは、今でこそ、序の口のATFオイルだったのだと、分かるのです。

ここからが本題です。ロイヤルパープルのATFについての話です。


ロイヤルパープルという世界一のオイルは、摩擦を最小限にするというのが、目的です。その為に金属と一体化して、摩擦係数を限りなくゼロにするための物質が開発されて、入れられています。シナーレックというものです。

Bさんのコメント、Cさんのコメント、Dさんのコメントと三つしか掲載しておりませんので、ATFだけの効果がわかりづらいのですが、Cさんのコメントでは、分かりやすくなっています。

ただ、Cさんのコメントは、2000キロ走ったら、凄い状態になった!とも、読めます。

Bさんのコメントでは、逆に入れた途端に変化!です。

どうも反応が車によって違うみたいなのです。


DさんのフェアレディZは、購入されてオイル交換されてから、20日後に化けた!というコメントでした。


結局、今はこう考えています。車によっては、非常に細かいギアが多すぎるほど多く(特に6段変速以上のオートマ)、なじむのに、20日もかかるのではないだろうか?、ということです。

前述しました、BE-UPオイルのような効果も、Bさんのコメントからは伺われます。しかし、何よりロイヤルパープルのATFオイルが凄いところは、車の中で、どの部分よりギアの数が多い箇所、オートマ部分の摩擦抵抗を、ゼロに近くしてしまう、というところではないかと思います。

これは燃費も伸びる筈です。

この状態になるのに、DさんのフェアレディZは、20日間かかったということでしょう。そして、オートマ部分が複雑過ぎて、足を引っ張っていて、他のオイルの効果も分かりにくかったのではないか?、今はそのように考えております。

とにかく凄いオイルであることは、BさんとCさんとDさんのコメントから明らかですので、私も近いうちに使ってみようと思います。


一体全体、このATFオイルは、BE-UPオイルのようなトルクアップもして、摩擦も減らすなどという芸当を、どうやってやっているのでしょう???

実際に燃費が伸びるのでしょうか???

今の謎は、これに尽きます。粘度が上がれば、トルクは伝わりやすい。が、今度は、細かいギアの摩擦が増える。それがBE-UPオイルでした。

ロイヤルパープルは、その、双方の問題を、ほぼ、解決しているものと見ています。燃費が良くなるのであれば、間違い無く、双方が解決されている筈ですね。


blank blank


無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 

blank