blank
blank
blank


blank blank

ベルデン 9497というスピーカーケーブル(大鬼門)!

 




- ベルデン 9497というスピーカーケーブル(大鬼門)!-


ベルデン 9497というスピーカーケーブル(大鬼門)!


下記はお客様からのメールです。

これにて、長い事日本のオーディオを汚染してきた、ベルデン9497というスピーカーケーブルの正体と、使い方を、知っておいて下さい。


★お客様からのメール紹介

先日ベルデン8460が届き、その音のすばらしさに感激し、さらにRCAケーブルを注文させていただきます。
実はアマゾンでベルデン9497のレビューを見るとたくさんの購入者が褒めたたえてあったのでそれを信じて買い求めましたが、結果もやのかかったような音にがっかり。今まで使っていたオーディオテクニカのケーブルのほうがよっぽどよかった。あのレビューは一体なんだったのだろう?

耳の悪い人たちの集まりなのか?

くやしくてネットで懸命に探したところ御社のサイトにたどり着いてよかったです。





プロケーブル注:)これで、ベルデン9497の正体を知るには、十二分でしょう。音の焦点は存在しませんので、生音を出す事は不可能ですが、ある程度の音を出す事は、容易かもしれません。確かに、中古オーディオ屋さんなどですと、どれにもこれにも、ベルデン9497が接続してあったりします。長くなるとシャープになる、短いと音が柔らかい、などという悩みは、通常100ボルト電源の場合には、無くなりそうです。


しかし、音の焦点が存在しないのですから、生音にたどり着く事も、また、不可能なのです。一長一短でしょうか。

これが、ベルデン9497というスピーカーケーブルでした。

その、カラクリだけは書いておいたほうがよろしいでしょう。

 

さらには・・・

ベルデンの代理店みたいなところがあり、そこがオリジナルのケーブルを日本仕様にして、改悪してしまっているのです。しかもそれが、音の焦点を持たない9497というベルデンのものですが、さらに悪くなっていってしまったという事です。

コイル状に、きつ過ぎるほどによってある事によって、長く引けば引くほど、メッキ線材ではありますが、高域が落ちていくという構造です。

それによって、音の焦点がきつくなるのを、防いでいます。

考え方は、分からない訳ではありませんが、音の焦点という考え方が無いケーブルですので、音の焦点は、死ぬまで頑張っていても、合いません。ベルデンなら何でもいいというものではないのです。

使い方を間違えずに、100V電源の場合に使えば、ベルデン9497は、あまり悩まなくても良い有効なケーブルかもしれません。

その他、注意していただきたいのは、ベルデンのタップです。ベルデン社は、タップなど製造しておりません。ここにもカラクリがありますが、とにかくベルデンのタップは、米国製ではありません。要注意事項として、追記しておきます。

音の焦点については、下記を参考下さい。最大限に重要な事が書いてあります。

28)音の焦点(基本中の基本)


以上です。



(トップページに戻る)

(鬼門コーナーのトップページに戻る)

 

 

 

ベルデン 9497というスピーカーケーブル(大鬼門)!

ベルデン 9497というスピーカーケーブル(大鬼門)!

 

blank blank


無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 

blank
↑