blank
p
top_title
design_x_r1_c1 design_x_r1_c3

オーディオショップ
その悪質な生態


- オーディオショップの生態(鬼門)-


オーディオショップの生態(鬼門)
 

さて、別のところで告知しました通り、オーディオショップ・オーディオ業者について、私の体験談を書き
ます。

これを読まれるかたがたは驚きを隠せないと思います。私自身が、今も、驚きを隠せないほどのことです。
体験談なのですから、当たり前ですが、もちろん本当のことです。


オーディオショップの店長から、じきじきに私に要求してくることが、一つだけですが、何度も、あちこち
から、あります。



そのオーディオショップの「要求内容」というのは、決まって、つぎのことでした。

「オタクのケーブルをうちのオーディオショップで売りたいので、卸し価格で出してくれないか?」

というものです。

とにかく当店は、当初は特にそうですが、高価なものを扱っていたわけではありませんので(今もそうかも
しれませんが)、また、それほど儲かる仕事ではありませんから、「継続していただけるのでしたら、ほん
の多少ならできます。」と、回答してきました。

すると彼等は、「それでいいです。継続的に売らせてもらいます。」と、ほんの少々の値引きでも、決まっ
てオーディオショップは答えるのです。

この依頼があったのは、1件だけ、というような中途半端な数ではありません。なんと、合計11件もあり
ました。

継続してくれているのは、なんと、たったの1件、しかも、つい最近お付き合いの始まった「楽器店」だけ
です。楽器店だけは、三回、四回と継続的です。これは例外的ですから、11件のうちには含めていません。

楽器の世界も、ボロくて異常に高額なケーブルの汚染が始まってしまっていますから、そのお店につきまし
ては、お客様が喜ばれるから追加発注が絶えずあるという、実に単純なことではありますが・・、

とにかく、楽器店とオーディオショップとでは、人種が、まったく違うということです。


 

それでは、オーディオショップは、いったい何のために、卸し価格を要求したのか?


もう分かっています。11回も、同じことを経験すれば、彼等の「生態」が、分かってくるものです。彼等
は、自分で使うため、単にそれだけのために、そのような「狂言」をさえ、厚顔にも演じて見せる、輩ども
です。

ということは、ネットの口コミ情報に、ボロいものを良いなどと、「偽の情報」を書き込むなど、彼等のよう
な阿呆どもには、罪の意識も後ろめたさも、何もないということです。このことこそが、私がネットの書き込
みなど、一切、信用してはなりませんと公言している根拠です。彼等の体質を、私は体で分かっています。

最近になって、この経験は、ほとんどしていません。彼等の悪質さは、もう分かっていますから、「最初に
買われる分は、ご自分で使われるのでしょう。皆さんが表示価格で買われているのですから、店に出す段階、
次回の仕入れ段階から値引きを要求してください。」と、タチの悪い、オーディオショップの阿呆どもを、
突き放している
からに、他なりません。

しかし・・・、それほど高いものでもないに・・・、

・・信じられません。

こちらは発想が単純です。そんなにセコい者が、次から次へと、出てくるはずがなかろう・・・・。

だからこそ、11回も同じ手口に、ひっかかってしまったのです。


さて、このことは、彼等の経営するオーディオショップで彼等が売っているものを、彼等自身は、決して使っ
てはいないということをも、同時に意味してしまっています。

オーディオショップというのは、人には百万円のケーブルを勧めながら、自分自身はベルデンを使っており、
さらには、3千円程度という二束三文のケーブルにさえ、お金を出すことを惜しむ連中である、ということ
です。

この種の手合いは、経営者という人種には、約80%から90%程度の比率で存在しているものだと、経験で、
うすうす分かってはいましたが、オーディオショップがその種の阿呆である確率は、100%に近いものがあ
ります。実に、驚くべきことです。

自分だけは利益をより多く欲しい、しかし、他の者が、ほんの少しでも利益を得るのは、絶対に許さないと
いうタチの悪い「阿呆」です。

さて、最も悪質であったのは、いかなる種類のオーディオショップであったのかも、公開しておきます。そ
れは、カーオーディオショップでした。

「本当に良い音のするカーオーディオを積んだ"デモカー"を作りたい。そのために、オタクのケーブルが必
要なんです。そして、ベルデンのケーブルを、オタクから仕入れて、どんどんお客様のために売りたいので
す。本当に良い音を、お客様に聞いて欲しいのです。」


カーオーディオショップの言い分は、上記の通りです。それを、情熱的に、語ってみせます。実に、口だけは、異常に、うまいのです。

ところが、カーオーディオというのは、セットしてしまえば、ベルデン8412といえども、Belden 88760と
いえども、モガミ2534といえども、それは残念ながら、外部からは見えません。

案の定、その後、他のオーディオ店と同様、そのカーオーディオショップからの連絡は、一切、ありません。

「素晴らしい音でしょう。ケーブルが良いからです。この超越した見事な音は、このケーブルを使っている
からです。」と・・・、

彼等が、10万円なり、30万円の、とことんボロいケーブルを、カーオーディオショップにて、お客様に差し出して、見せている様子が・・、
お客様を「罠」にかけている様子が・・、まさに目に見えるようです。


実はこれが、最もタチが悪く、悪質です。真っ赤な「ウソ」、「デタラメ」、ネズミなどの小動物を捕らえ
るかのごとき、それは「罠」
なのですから、最も悪質だと、断定します。それは、若いかたには残念でしょうが、カーオーディオショップでした。

普通のオーディオショップは、店長が自分で使うだけです。店に置いてあるオーディオに接続しておいても、
お客様に見えてしまうのですから、それが出来ません。その分だけ、カーオーディオショップよりは、ましなほうだと、書いておきます。

また、これは1件だけですが、ウソをついて申し訳ないと思ったのでしょう。田舎の離島のオーディオショ
ップのかたでしたが、その地の産物を、お礼に送り届けてくれました。このかたは、楽器店のかたについで、
尊敬できます。あとから後悔されたのかもしれません。良心を持っておられる証です。

オーディオショップのオーナーというのは、上記のごとく、オーディオマニアであることが、大半です。私
はオーディオマニアではありません。が、オーディオショップの店長というのは、このように、普通は、ほ
ぼ100%オーディオマニアだと考えてください。

そして、彼等は、薦めて売っているものと、自分が使っているものとは、ほぼ100%の確率で違うのだと、
知ってください。




追伸:

オーディオメーカーやオーディオショップに、何か恨みでもあるのですかと、問われたことがあります。愚
問です。そんなことは、あろうはずがありません。卸し価格とはいえ、値引きなどほとんどできていません
し、彼等はきちんと代金を支払っているのです。個人的にオーディオメーカーと関わったこともありません
から、個人的な恨みなどあろうはずがありません。

単に事実を書かせていただいているのみです。事実は事実であって、恨み辛みなどとは、まったく別問題で
あることなど、当たり前のことです。

ボロくて高額だからこそ、ボロくて高額だと書いているのみです。オーディオメーカーが、万が一にも、本
当に良いものを製造したのであれば、本当に良いものだと記述するのは、当然のことです。

そこにウンコが落ちていれば、100人が違うといえども、「それはウンコだ。」と、断定して言うのみです。

ただの「ウンコ」を「モチ」だと言えましょうか。

また、どなたかが、生まれながらにダマされており、「ウンコ」しか食べさせられていないのであれば、こ
ちらの「モチ」を食べてみてください、それは「ウンコ」ですから食べないほうがよろしいと言うのみです。
それを言うのは、普通のことと思えます。

私が書いている程度のことは、オーディオ雑誌社の内部が、徹底したジャーナリスト集団であれば、とうの
昔に書かれていたはずのこと、その程度のことだろうと、想像しています。

なお、これは非常に重要なことですが、高額なケーブルなど扱っていない類の「中古のオーディオショップ
さん」については、この限りではありません。例え売っているものがボロかったとしても、割と良心的なお
店を、複数件、知っています。


追伸の追伸:

ずっと以前からここを見られていたかたは、7回から8回、9回、今や10回から11回と、騙された数字が増えていっている事にお気づきのかたもおられるかもしれません。そうです! まだまだ私は現在進行形で騙され続けています。彼等の手口は、まったくもって!詐欺師並みに巧妙なのです!!!

ちなみに、最近起きた事件の11件めは、これまでは、私も比較的良心的だと考えていた、全国的に有名な、皆さんもご存知の「中古オーディオショップ」であったと証言させていただきます。お客様に試聴させる時には、当店製のべルデン8412やノイマンなどを使って、中古アンプやスピーカーを試聴させようという事なのでしょう。

この事から、中古オーディオショップでさえ、今の時代には、どこまで信用していいのかが、皆目分からなくなってしまったという、「非常に悲しい現実」が浮かび上がってきてしまったのです。

なお、楽器店さんだけ、一件だけ取り引きのあるところは、今もまだ継続して取り引きしてくれています。



★追記致します:今日は2016年の、3月の19日です。


去年の年末あたりから、あの超一流の楽器店、全国チェーンの、島村楽器さんから、プロケーブルさん
のケーブル類を取り扱いたいとのお話をいただきまして、特に島村楽器さんの、梅田ロフト店さんが、
ギターケーブル、及び、その他のケーブル類、ソルボセイン等を、取り扱ってくれております。
これも継続的な、信頼関係による取り引きになっておりますことを、ここに告知しておきたいと思いま
す。
島村楽器といえば、超一流の楽器店さんです。いや、一流でなくともいいのですが、当初、取り引きし
ていただいていた楽器店さんも、非常にありがたく感じておりますが、やはり一流から信頼されるとい
うことは、嬉しいものです。そのようなところから信頼いただいて、取り引きが継続していることを、
非常に嬉しく感じております。

★さて、ところで、その島村楽器さんと、昔から取り引きのある楽器屋さん、
反面、詐欺師ばかりであった、あの11件のオーディオショップとの、
あまりに激しい落差!、おそるべき、オーディオショップ!オーディオ業界
、カーオーディオショップ業界です!


皆さんにも、そういうものだと信じていただいて、オーディオショップ・及び、カーオーディオショップには、十二分に気をつけていただける事を願って・・・

敬具




----------------------------------------------
下記はお客様のコメントとします。
----------------------------------------------


1番さんのコメント: 無茶苦茶なオーディオショップ

Subject: PRO Cable様

早速の返信ありがとうございます!先ほどベルデン8460を注文した○○です。

10数年前に地元のオーディオショップで薄霧がかかったような音だから、もっとクリアな
音質が出したいと相談したところ、品番は忘れましたがアクロ○ッ○の8000円/mほどのケー
ブルを薦められて使用したときなどは、それまで使っていたオーディオ○○ニ○の200円/m
程度のものと比較し、薄っぺらく固い音に改悪され愕然としました。

片チャンネル2mで三万強です!我々貧乏人には大金です!、たまりかねてオーディオショッ
プに苦情を言ったら、ProCableさんの言われる

「エージングが足りないもう少し鳴らしてからでないと本当の力がでない・・・!」

に加えアンプを変えた方が良い・・・CDプレーヤーを変えた方が良いと言われ(両方ともおた
くでクリアな音を出したいと言ったら、薦められものなんだけど・・・と心で言って・・)苦労
スルオーディオ!なんぞ二度と行くまいと心に誓ったものです・・・

 その後名古屋のオーディオショップ、○○音響危機でもイ○○ハイブリッドケーブルとか言う
ケーブルを6000円/m程度で購入したところ、テクニカでは薄霧だった音が濃霧に覆われ、霧の
ロンドンエアポート状態となってしまいました・・・クロースルオーディと言いなんでオーディ
オショップで聞くと良く聞こえるんでしょうか・・・??

 オーディオショップ、○○○○○○で買ったアコースティック○○のボ○ロは気に入って最近
まで使っていましたが・・・

秋葉原のオーディオショップでもオルト○○ンの12000/m程度のものや、もっと高価なものも
試しましたがテクニカ200/mと大差ない、または劣る状態・・・

 この後はバカらしくなったのと、家庭事情でオーディオに金を使えなくなったこともあり、高い
ケーブルなんてムダ!とモニターのコブラの1200/m程度のものを長らく使用しておりました。

 アナログケーブルはそのオーディオショップでベルデンのケーブル(細身の水色のケーブルです
品番は??)
を使用し自作したものを使用していますがこれはかなり良い感じで割りと気に入って
います。ちょっと高い気もしましたが・・(1m1万5千円)

私の最も好きなアルバム、クリフォードブラウン ウイズ ストリングスのトランペットの音にか
かった霧が晴れてくるのを期待して、ProCable さんのベルデン8460で音がどう変わるか楽しみ
です!

 セッティング方法等わからないことだらけなので、また教えてください!v(^^)


プロケーブル注:)このかたがオーディオショップで購入された水色のベルデンのラインケーブル
は、航空機などのデーター転送用の軍事用ケーブルであり、オーディオ用などではありません。

ベルデンだからといって、信用してはなりません。オーディオ用のケーブルはベルデンといえども、
非常に少ないです。



--------------------------------------------------------------------------------------------------

2番さんのコメント: べルデン8470詐欺!

 昨日注文の8470、3m×2本を予定通り検収しました。
早速、既設の他社から購入した8470と交換し視聴しました。

明らかに音質の違いを感じました。
音の輪郭がハッキリし商品説明書の
「■本当のフラット」の章に記載の
高域成分を実感しました。

同じ8470なのになぜ?
と2本の8470を比較したところ

1.芯線のよりのピッチが違う。(白黒線のよりのピッチも微妙に違う)

2.メッキ線の色が微妙に違う(光の反射率の違いか)

を感じました。

プロケーブルから購入した8470の方が
断然音質が生音に近い=本物と感じました。

良い製品をありがとうございました。

平成23年4月13日            ○○ ○○

 

プロケーブル注:)以前から、この種のメールは幾度も幾度も、様々なかたがたから、
いただいておりますが、今も絶えません。

例えば当店が、軍用ケーブルがオーディオ用として売られているから気をつけてくだ
さいと書けば、これは一発で、日本中から軍用ケーブルが消えていきます。

さらには、ノイトリックの真鍮製のフォンプラグ(型番は、NP2CM-B)の軍用のデー
ター転送用プラグをギターケーブル用のプラグとして販売している悪質な業者
がいる
と告発すれば、それもまた、余程の悪人でも居ない限り、一発で全国から消えていくと思います。


http://www.procable.jp/setting/69.html
          ↑ クリックしてみてください

ところが、べルデン8470につきましては、いっこうに消えない。これはなぜかと申し
ますと、オーディオショップに言い訳が出来るからに他なりません。


言い訳のバリエーション!

1)本物です。偽物ではありません。
2)うちは本物として仕入れています。
3)同じBELDENでもものによって音は違うのです。


などなど、いくらでも言い訳が出来るでしょう。この点、軍用プラグや軍用ケーブル
詐欺
とは、種類を異にしているのです。


皆さん、騙されないよう、細心の注意を払って下さい!
オーディオ業者など、信用していてはいけないのです!




--------------------------------------------------------

3番さんのコメント: ◯○AIDEの◯◯という、その会社ではトップクラスのUSB(PCOCC)は、全くダメだった!!(注:コメント者のメールのまま掲載)


プロケーブル 御中

オーディオケーブル類でもお世話になっております◯◯と言います。

私はアマチュアのプレーヤー兼クリエーターをしております。

まず、レコーディングの「キモ」となるオーディオインターフェイスを、RME FIREFACE UC(USB接続のIFです)に変更したことから、「徹底的に」録音する音に拘ることになった次第です。

そこで、巷で騒がれている◯○AIDEの◯◯という、その会社ではトップクラスのUSBケーブルを購入しました。恥ずかしながら理論も自分の耳でも確かめずに、スペック上「凄そうだ」との感想からです。

線材はPCOCCだのコネクターのメッキにはプラチナ+αだのケーブルが曲がったときに発生するケーブル内部のインピーダンスの変化を避けるため、きし麺形状にしただの、「スペック上」だけから想像される音を期待していました。

ケーブルの長さは1mの長さで、価格は「1万円超」の立派なハコに過剰とも言える包装されているものです。

レコーディングにおいてIF(注:オーディオインターフェイスという意味?)が「キモ」かとはその通り信じているのですが、上記に書かれている◯○AIDEの値段の高いUSBケーブルを使ったときには、「なぁんだ RME ってこんな音までしか上がらないんだ」と思った次第です。

以前から、オーディオケーブルでもお世話になっておりましたで、USBケーブルもせっかくRMEのIFを使っている以上最良の物と思い、BELKINの50cmに変更しました。

結果・・・・・・・・・・・・・。

RME神話が「見えた」のです!!!!!


ただネットワークも考えずに、IFだけをRMEにしてもそれを接続するUSBケーブルを上記の「いかにも」よさそうなものにしても何のRMEのご利益(笑)も得られません。

ベースの音と自分のVo.を録音する時に
BELKINのUSBケーブルに変更した結果・・・・・・・・・・。

・ベースの音は抽象的な表現で申し訳ないのですが「濃度のある」しっかりとした中、低音域がずっしりと、尚且つ、輪郭もぼやけずに「ベースらしい」音としてはっきりとレコーディングされました。
・Vo.の音はミックスダウン時にEQを一切使わなくても、他人が私のそばで聴いている声そのもの。と言われるほどでした。

また、再生時には使い古された言葉ですが「全帯域スーパーフラット」でした。
ケーブルというのは言わば、パッシブなので「音がよくなるケーブル」というのは存在しないと思っております。しかし、「音を悪くするケーブル」というのは確かに存在すると言えると思います。

その点、BELKINのUSBケーブルは全帯域において減衰する周波数帯は全くないと私の耳では感じました。

レ コーディング現場では、「原音忠実主義」がいかに大切なモノかとは常々思っておりましたが、大切なIFとPCを繋ぐUSBケーブルの存在はとても大切なモ ノと、◯○AIDE製の「ケーブルの前後のハード」を知らずして作られた異常に高価な「ハズレクジ」を引いて、比較して、大切なモノと痛感しております。

50cm(これには物理的な距離がありIFの置き場を考えると50cmでギリギリでした)BELKIN USB ケーブルの素晴らしさをただ感じている状態です。

先にも書きましたが、公称値としてのスペックや線材に何を使っているのかは、まったく、参考にならないと考えさせられました。

今は、ただただ、BELKINのUSBケーブルのお陰で、RMEのIFの素晴らしさを引き出してくれているものと感謝しております。

プロケーブル様。本当に素晴らしい物をラインナップされてありがとうございます。


2012-01-07



プロケーブル注:)このかたの失敗を誰も繰り返さないために!、PCOCC鬼門であると、当店では下記で、真摯に訴えております。


11)オーディオグレード・クライオ処理・PCOCC(要注意・鬼門)
    ↑ クリックしてみてください










 

(トップページに戻る)

(鬼門コーナーのトップページに戻る)












オーディオショップの生態と猛毒性について オーディオショップ・カーオーディオショップは、猛毒です。オーディオファンをオーディオ地獄に叩き落とすだけの力を持ちます。オーディオショップだけは信用してはなりません。

design_x_r6_c1 design_x_r6_c3

無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 
blank