blank
p
top_title
design_x_r1_c1 design_x_r1_c3



- バイワイヤーのスピーカーのボロさの証明!-


バイワイヤーのスピーカーのボロさの証明!

プロケーブル注:)
今まで不思議にバイワイヤーのスピーカーのジャンパーピンのボロさについてのコメントをいただいた事がありません。これは奇跡的な事だったと思います。極限的にボロいジャンパーピンなんです!、その種のコメントが次々に入ってくる筈だったのです。一体全体、ジャンパーピンのスピーカーを使っているかたがたは、何をしていたんですか!?
しかし、とうとう、その種のコメントが入りました。
ここは最重要ページとさせていただきます。


下記は、お客さまからいただいた、一通のメールです。たった一通のメール、これだけで、今まで世界を圧巻していたバイワイヤーのボロさ加減を知るには十二分です。

特に、現在バイワイヤーのスピーカーを使っているかたは、警戒してください。ご自分がいかにボロいものに騙されているのかが、明瞭になると思います。


----------------------------------------------------------------------------------------------

Aさんのコメント: バイワイヤー仕様のスピーカーのボロさについて!

バイワイヤのジャンパーピンの代わりにベルデン8470を使用しての感想等

去年よりRCAやスピーカーケーブル等で お世話になっている〇〇〇です。

知人が海外某有名メーカーのブックシェルフSPを買ってしまい もしやと思ってスピーカーの裏側を見せてもらうと案の定バイワイヤーになっていました。

そこで 以前、御社よりベルデンの本物を扱っていると鑑定して頂いた 秋葉原のトモカ・プロショップで8470を1m購入し(御社購入ではなく恐縮です)御社HPの記述に従い、10cmに切り揃えてジャンパーピンと入れ替えました。

持ち主にいつものCDを聴いてもらうと「音の曇りがとれて明るくなり、高音がきらびやかになった 」と感想を述べ いたく気に入ったようです。

ジャンパーピンというのを初めて見ましたが、日曜大工に使うL型金具のようなものに、例のピカピカのメッキが施してあるという代物ですね。

持ち主は何故かSPケーブルにWEの復刻版を使用しており、直接ターミナルが繋がっている低音側は良い音が出ていたようです。

面倒なので実験はしませんが、上側のターミナルに繋いでいたら、高音は良いけれど低音が今一つな音がしたという事なのでしょうか。

このスピーカーの能率は90dbで、86dbを超えている事はまずないであろう私のミニコンポ附属の大体同じサイズのSPよりは多少ましな音が出ているような気がするので 音楽を楽しめるのは間違いないですが 何分値段が御社でプロ用100dbのSPが買える程しますので やはりバカバカしいのです。

それでは 今後またお世話になることもあるかと思いますので
その節はよろしくお願いします。




プロケーブル注:)バイワイヤーのスピーカーは、インチキです。というのは、このかたが体験されたように、「わ・ざ・と」むちゃくちゃボロい音のジャンパーピンを付けておいて・・・(ここから先が彼らの勝負なんです。我々を「罠」にかけれるかどうかの勝負です。)

いかなるボロいスピーカーケーブルに付け替えてですら、ジャンパーピンを取るだけで、音が良くなったかのように錯覚させるという、まさしく「罠」だからです。

我々は「獣」ではありません。人間です!、なにゆえ、同じ人間から「罠」を仕掛けられなくてはならないのでしょう!?

ぼったくりオーディオの正体は、これなんです。我々を「人間とは」みなしていないのです!!



〇〇〇












 

(トップページに戻る)

(鬼門コーナーのトップページに戻る)


















 


オーディオ用語の猛毒性・オーディオ用後の危険性について オーディオ用語は猛毒です。オーディオ用語は、あらゆるオーディオファンをオーディオ地獄に叩き落とすだけの力を持ちます。オーディオ用語まみれのオーディオゾンビになってはなりません。
design_x_r6_c1 design_x_r6_c3

無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 
blank