blank
p
top_title
design_x_r1_c1 design_x_r1_c3



- IECコネクターのタップ(電源ケーブルが交換出来るタップ)・大鬼門!!-


IECコネクターのタップ(電源ケーブルが交換出来るタップ)・大鬼門!!

今回、あまりにも恐ろしい事が頻発している事が分かりましたので、ここに、明らかにして
おきたいと考えました。


これは、あまりに恐ろしい罠です!、誰も気づきません。

当店のタップの説明書きを読まれたかたですら、気が付かないのでしょうか。

あまりにも、バカげています!!

だからこそ、ここに、あえて1ページを設けてでも、明確にしておかなくてはならなかった事でした。

IECコネクターというのは、誰もが知っています。必ずニッケルメッキがされています。

そのニッケルメッキは、高域を無意味に上昇させます。

が、許容範囲(適正範囲・又はニッケルメッキの適正数)というものがあり、機材側に付いている
IECコネクターだけであれば、それは、むしろ、生音に貢献していると考えて下さい。

機材側の一個だけならば、フラットを出す為の、適正範囲、適正数に、きちんと収まっています。

ところが、タップにまでも、IECコネクターものを使うやいなや、計算式が、全くの別方向へと、大幅に狂ってしまいます。


★IECコネクターがタップに付くだけで、メッキの計算式は大幅に狂っていきます!・大鬼門!!

こんなところにまで、タップのメッキの計算方法、計算式を書かなくてはならないのですか!?

これは当店のタップの商品説明に書いてあることと、全く同じ事です。それを、ここにも書きます。




★タップが音質を向上させ得るとしますと、それに貢献し得る要因を、箇条書きに致します。

1)プラグとインレットは双方とも、非メッキであるか。

2)ケーブルはシールドされているか。
3)ボディーは、内部配線をシールドしているか。




■メッキプラグの総計の計算方法(問題はここです)

1)6個口のタップに3個メッキプラグを差し、残りの3個に非メッキプラグを差した場合、それは、3個分のメッキの音になります。単なる足し算です。

2)もし元コンセントが非メッキであれば、3個分のメッキの音のまま、変わりません。

3)もし元コンセントがメッキであった場合、それは倍、つまり6個分のメッキの音を製造してしまいますうえに、残りの3つの非メッキプラグをも、メッキ化してしまいます。合計、9個分のメッキの音を生み出してしまいます。それが知らず知らずのうちに、セッティングを困難にしてしまいます。

なんということでしょう。真実とは、こんなものです。



★ベ○デ○などという名前で、IECコネクター付きのタップが売られていますが、ベ○デ○社は、その種のタップは作ってはいません。


これには、厳重に注意してください。そのタップは、正体不明です。調べる時間ももったいないくらいです。



★なぜIECコネクター付きのタップが「くせ者」なのか?!


回答は、至って単純です。メッキが増えすぎると、ひどく音質を損ねるからです。


それこそ、あなたのオーディオの「音」は、完膚無きまでに叩きのめされ、完全にセッティング不可能な状態に追い込まれます。

そして、「オーディオゾンビ」にならざるを得ないところまで、あなたの人生も、オーディオの音も、追い込まれていくからです。












-------------------------------------------------------
これより先は、「お客様の声」とします。
-------------------------------------------------------










(トップページに戻る)

(鬼門コーナーのトップページに戻る)



 

  

IECコネクター付きのタップ(大鬼門)

IECコネクター付きのタップ(大鬼門)

design_x_r6_c1 design_x_r6_c3

無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 
blank