blank
blank
blank


blank blank

最強のプリアンプ   アレン&ヒース
blank



- 最強のプリアンプ   アレン&ヒース -


Pyle PP555 超高性能フォノイコライザー(DURACELL PC1604 9V電池付き)  

 

◎バッテリー駆動の最強フォノイコがこれだ!

バッテリー電源が最良のモノである事を、当店のお客様がたはイヤというほどに知っておられる事と思います。

当店のダウン&アイソレーショントランスが、バッテリー電源並みに浄化された電源であり、それゆえ最強の電源トランスになってしまっている事は、お使いのかたは、百もご存知のうえで、購入されてきたと思います。

それではフォノイコライザーに、バッテリー駆動のものがあったとしたら・・・・・・
これは私にとって、30年越しの夢でもありました。

当時、ソニーのバッテリー駆動のフォノイコライザーがありました。小さく安いもので、9Vの電池を使うものでした。

その音の良さの記憶が今も抜けない事から、もう一度、ソニーさんに再販して欲しいと思いつつ、叶わぬ思いだという事も、知っていました。

 

ところが!、米国には、バッテリーフォノイコが、ひっそりと存在していたのです!

 

 

Pyle PP555 + DURACELL PC1604 セット(本体は一年保証付き)
(超高性能コンパクトフォノイコライザー + 超高性能アルカリ9V乾電池)


★米国DURACELL社の超高性能アルカリ9V乾電池(PROCELL PC1604)を1個お付け致します。

★この商品は、9Vの乾電池によるバッテリー駆動が可能ですので、迷わずバッテリーフォノイコとしてお使い下さい。

実験結果!!
さて、この商品の実験結果は、非常に興味深いものでした。米国のデュラセルでも、昔から存在していて、今はなき黄色のものがありました。実は一個だけそれがありまして、比較が可能だったのです。その黄色のデュラセルの音こそが、最良だったのです。

そうです、その黄色のデュラセルは、米国製ギター、オベーションのエレアコギターや、その他の米国のエレアコのギターなどにも、伝統的に使われてきた、音でも、電池の容量(寿命)、液漏れのなさでも、あらゆる面で、日本製とは一線を画す、超一流品だったのです。

現行品のグレーのデュラセルも、それに準じての一流品ですので、それが救いではありますが。

◎音の順位は、下記の通りでした。

1位)黄色のデュラセル(現在では販売中止)
2位)グレーのデュラセル(付属するのはこちらです。)


ずいぶん引き離されて、ずっと下のほうに、日本製の9Vの乾電池群・・・・

なんという事でしょうか。日本の乾電池は、ほとんどのメーカーのものが、メッキの音が大いに混じっているような音で、楽器には、とても使い物にならない音だったのです。(フォノイコも楽器とみなします)

注意事項:)黄色のデュラセルは入手が困難です。妥協して、グレーのデュラセルをお使い下さい。それでもいかなるフォノイコより上です。(黄色のデュラセルを入手したかたは、そちらをお使い下さい。)

(注: 敵が存在するとすれば、アレン&ヒースのミキサーに付いているフォノイコだけでしょう。アレン&ヒースの場合には、電源さえ、当店のダウン&アイソレーション並みのもの、つまり、バッテリー並みに電源の質が良ければ、プリアンプ部分もフォノイコ部分も、両方とも、バッテリー電源並みになるという優位性があります)
(結論:ということは、このバッテリーフォノイコを使うかたは、フォノイコからパワーアンプへ直結して、民生用プリアンプの弱点を排除してしまうという使い方が最良だということです。それにて、パワーアンプさえ高性能でさえあれば、非常に安価な方法による、最高品質の音による、レコード再生が可能となります。
又は、家庭用の、通常100V電源でアレン&ヒースのDJミキサーをお使いのかたは、フォノイコだけ、こちらを使う事もありかもしれませんね。アレンのフォノイコは素晴らしいですから、気分で交換する事になりそうですが。
さて、このバッテリーフォノイコの音の良さたるや、マッ◯ントッシュのプリアンプ、マ◯ンツ7のプリアンプくらいでは、アレン&ヒースのミキサーに(付属している無料の)フォノイコと同様、まったく比較にもならない水準のものでしかないと証言します。)


 

Pyle(パイル)  PP555 超小型フォノターンテーブル用プリアンプ


 

■DURACELL(デュラセル) PROCELL PC1604 超高性能9Vアルカリ乾電池1個お付け致します。


★Aさんの実際に使用されたコメントが入りました。
一番下のAさんのコメントをぜひご覧下さい!

—————————————-

世界中のアーティストが熱い信頼をよせる9Vアルカリ電池「PROCELL」。

パワフルで安定した電源供給はプロ・アマ問わず幅広い分野において多くの支持を得ています。

注:)さすがのこの電池も、日本製は敵ではありませんでしたが、昔から米国にあった黄色のデュラセルには敵いませんでしたと、告白します。

 

 

 

    

 

■特徴


フォノ信号をラインレベル信号に変換
ターンテーブルの出力に接続してフォノレベルをラインレベルに変換
磁気ピックアップに対応した最新の回路を搭載
超低ノイズのオーディオ動作により、サウンドパフォーマンスが向上
ターンテーブルなどのスタジオ機器に対応するユニバーサル仕様
RCA(L/R)入出力コネクタージャック
1/4”アウトプット・コネクター・ジャック
*9V電池によるバッテリー駆動が可能

同梱物
ターンテーブル・プリアンプ
電源アダプター
9Vアルカリ乾電池(DURACELL PC1604)1個

 

■スペック


S/N比:70dB
THD: 0.08% @ 1kHz and 3mV
出力 2V max (P-P) at 10K Ohms
周波数特性 20Hz〜20kHz @ 2dB
入力感度: 3mV at 50Kオーム(フォノ)
負荷インピーダンス:10Kオーム – 基準電圧:1V d
電池駆動、9V電池(1個)が必要(非同梱)
外形寸法(幅×高さ×奥行き):9cm × 5.5cm × 2.6cm

 

 

 

注:)付属のACアダプターによる電源供給も可能ですが、一般の100V環境では電源ノイズの影響を受けてしまいます。
ノイズレス9Vバッテリー駆動でお使い下さい。

 

LOW NOISE OPERATION:
ローノイズ・オーディオ・オペレーショナル・アンプを搭載し、優れた性能を発揮します。出力は2V max (P-P) at 10K Ohmsです。雑音を軽減するために、プリアンプはソースの近くに設置することをお勧めします。

 

CONNECTS TO TURNTABLES:
専用のフォノ入力を持たない現代の音響機器には、あらゆるターンテーブルを接続して音楽を増幅することができます。レシーバーの場合は、スピーカー、コンピューター、ラップトップなどに接続できます。

 

SIMPLE PLUG & PLAY:
このミニプリアンプは、ステレオRCA入力とステレオRCA出力を備えています。ターンテーブルをRCA入力とグランドに接続します。その後、アンプ・レシーバーをRCA出力に接続します。また、9Vバッテリーでの駆動も可能です。


★米国DURACELL社の超高性能9Vアルカリ乾電池(PROCELL PC1604)を1個付属しております。

 

 

———————————————————————————————
これより先は、「お客様の声」とします。
———————————————————————————————

 

Aさんのコメント:  民生用プリアンプの名機を超えていた!!

プロケーブル御中
福岡の〇〇です。
先日は素晴らしい商品ばかり有難うございました!

電源ケーブルはこれですべて、プロケーブル様仕様になりました。
更に、音が遠くまで見通せる感じです!有難うございます。

特に、今回の
「Pyle PP555 超高性能フォノイコライザー(DURACELL PC1604 9V電池付き)」
の凄い事と言ったら、信じられません!

私が、以前所有していた、名機と言われるD○○○N P○○-2000 や、
サ○○イのプリメインアンプ、オ○○○ーの20万円クラスのプリアンプより、
間違いなく「音が鮮烈で、クリア」です。

(現在上記のアンプ達は、ドイツ製 クラウン越え パワーアンプ thomann S-75mk2を

聞いて以来、音が気に入らなくなり買取処分してもらいました。) 

実は、ALLEN&HEATH(アレン&ヒース)ミキサー XONE:43 100V~240V仕様が、
※5月頃再入荷予定という事で、しばらく、レコードプレーヤーを聞けなくなる覚悟をしておりましたが、

「Pyle PP555 超高性能フォノイコライザー(DURACELL PC1604 9V電池付き)」
を見て、だまされたと思って(失礼!)購入してみました。

手持ちの「DENON DL103」から、御社から教えていただいた
(プロケーブル様には、一文にもならないのに、本当に感謝しています!)
現在生産中止の「DENON  昇圧トランス AU-320」を、ヤフオクで入手、

「Pyle PP555 超高性能フォノイコライザー(DURACELL PC1604 9V電池付き)」に接続し、
ダイレクトで、ドイツ製 クラウン越え パワーアンプ thomann S-75mk2に接続したところ、

手持ちのDL103からは聞いたことも無い、
「鮮烈で、クリア」なサウンドが出てくるではありませんか!

こんなにも、お安く素晴らしい商品を、お教えいただき本当に有難うございます!

(唯一の欠点としては、パワーアンプ側での音量調節の為、細かい音量調節が出来ない、
AMEをつなぐときは抜き差しが必要な事でしょうか、、、。それを考えると、
やはりミキサーを買うべきかなとは思います(笑)。)

現在、ミニコンポや、一部AVアンプはフォノ入力が無い様ですので、
フォノイコライザーをお探しの方は、オー○○○○○○カや、
高い外国製品など購入せず是非、Pyle PP555を、おすすめ致します。

そういえば、35年余り前、知人の「SONYカセットデッキ設計者」の方が
「電源をバッテリー駆動に出来れば、もっと音を良くできるんだが、、」と
嘆いていたのを思い出しました。

オーディオマニアならずとも、一度「騙されたと思って」この安価な
フォノイコライザーを是非一度、試して欲しいと思います。

また価格からは信じらない程、しっかりした造りで長持ちしそうです。

 

 

 

 

Pyle PP555 超高性能フォノイコライザー
(DURACELL PC1604 9V電池付き)

バッテリー電源が最良のモノである事を、当店のお客様がたはイヤというほどに知っておられる事と思います。当店のダウン&アイソレーショントランスが、バッテリー電源並みに浄化された電源であり、それゆえ最強の電源トランスになってしまっている事は、お使いのかたは、百もご存知のうえで、購入されてきたと思います。それではフォノイコライザーに、バッテリー駆動のものがあったとしたら・・・・・・

blank blank


無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 

blank
↑