blank
p
top_title
design_x_r1_c1 design_x_r1_c3



- PCオーディオ(聖域)までゾンビ連中に汚染されてきたのか!-


- PCオーディオ(聖域・パソコンオーディオ)まで汚染されてきたのか!-

愕然とする事態になっております!

パソコンを使ったオーディオまで、とうとう汚染されてきました!


これはもう、絶対の要注意!です。皆さんに緊急要注意を呼びかけます!


下記、お客様からの二通のメールを紹介致します。現状が手に取るように分かります。これにて、オーディオは本当に底なしに恐ろしいものなのだと、改めて認識されてください。

さて、その一通めです。おそろしいです!!


----------------------------------------------------------------------------------------

Subject: いったい何処まで行くんでしょう・・・・。

こんばんわ、岐阜の○○です。

おかげさまで、焦点の合った音を基準に色々実験して楽しんで
ます。

と、ソレは良いんですが、今日久しぶりに三洋堂に行って、恐
ろしいものを見つけてしまいました。誰かからもう情報が入っ
てるかもしれませんが、一応お知らせしておきます。

なんと、PC音楽再生に的を絞った”ハイエンドオーディオ”
の雑誌です。

ソレが定期刊行の物なのか、取り敢えずの特集本であるのかは
、定かではありませんが、売り上げに直結すればすぐに定期刊
行になるでしょうね。
過去ゾンビであった頃に散々読み散らかしてきた物と同じ匂い
がします。胡散臭い、腐臭が漂ってきました。


ちらと見ただけでも、鉄屑プリメインアンプ62万円とか低能
率ゴミスピーカー
40万円とか、そんな物をさも素晴らしいモ
ノの様に、これでもかと推奨しています。


少し見ただけで、これまでのオーディオ雑誌と同じだと見切り
をつけ、
それ程詳しく見た訳ではありませんが・・・、危機メ
ーカーがPC音楽再生にも魔の手を延ばし始めたようです。新
しい金(カネ)の鉱脈を発見したのでしょう。

恐らく、いずれ音楽再生に特化した、という振れ込みで超高級
USBケーブル10万円とかファイヤーワイヤーケーブル10
万円が出てくるでしょうね。もしかしたら、私が知らないだけ
で、もう売り始めているかもしれませんが・・・・。


酷い話です。我々、プロケーブルのHPを見ている者であれば
笑い話にもなりゃしませんが、酷過ぎます。

非常にイヤな気分になって帰路につきました・・・。いったい
何処まで消費者を虚仮にして、食い物にすれば気が済むのでし
ょうかね・・・。


愚痴になってしまいました・・・。申し訳ありません。

---------------------------------------------------

一通目はここまでです。ここから下の二通目に続きます。

さらに恐ろしくなっていきます!!




Subject:    新たな鬼門雑誌について。

こんばんわ、岐阜の○○です。

昨日、送ったメールの雑誌についてですが、今日もう一度確認
してきました。

”○○オーディオ○○○”という雑誌でした。しかもno.2とあり
ます。どうやら定期刊行でしょうか。


不愉快な気持ちを抑え、それなりに中を確認しました。やはり
腐り切ってます。

PCオーディオには外付けDACは必須だそうで・・・。高度な
音楽再生には内臓DACではダメだそうですわ。


DAC内臓プリアンプ150万円(目を疑って確認しましたがこ
の値段でした)
ですとか、外付けDAC27万円ですとか、果て
USBケーブル6万円ですとか在り得ない値段の物をコレでも
かと推奨してました。


当然の如く、ゾンビオーディオのオーナーを取材して、湯水の
如く金を掛けた見た目だけは素晴らしい鉄屑を紹介して、あお
りまくっています。


そして極めつけで、USBケーブルの比較視聴・・・。透明感が
どーの、アタック感がどーの、ゾンビの頃に見慣れた表現を使
い、データの欠落の差を比較してます。安いもので5千円ほど
の物から高い物で6万円程度の物まで様々です。馬鹿馬鹿しい
にも程があります。


アポジーのデュエット等もひっそりと紹介されてましたが、初
心者向けの廉価システムとして、だったと思います。もはや滑
稽を通り越して哀れです。

正直、細かい所までは読む気になれませんでした。見てるだけ
で根こそぎ気力が奪われます。


もうたくさんですわ・・・。二度と見ないでしょう。

では、失礼します。




-------------------------------------------------

この先は、「お客様の声」とします
-------------------------------------------------


1さんのコメント: 久しぶりに登場しました! iPod情報です!

Subject: ipodについて

先日ipodを購入しました。

ベルデンのケーブルも購入してその音の良さに驚きの毎日です。

とにかくipodを頭からオーディオとは別物だと思っていた一人としてその音質の素晴らしさに時代はどんどん変化していることに驚きを隠せません。

CDPに比較して音の透明度、伸び、締り、これが全帯域にわたり、圧倒的に勝りま
す。

私の近所の人も、何人かその音に驚きさつそくプロケーブルさんにピンコードの注文
をしたようです。

既に口コミは広がっています。

既存のCDPがいかにダメ物か思い知らされました。


こんなに変化を感じたのは私のオーディオ歴では初めてではないかと思います。

それにしても不思議なのはこんなに優れモノなのにオーディオ雑誌には全く取り上げられていないことです。

やがては口コミから広がっていくでしょうが、今まで塗ったり貼ったり、置いたり、といったオカルトまがいの効果のないアクセサリーを高い値段をつけて、お抱えの評論家に激変だ、と言わせていたメーカーは消えてゆく運命にあると思います。

私も被害者の一人です。

又今までCDそのものを悪者扱いにしていた評論家は首をくくらなければならないで
しょう。

最近出てきたSMHCDなんぞはこれも必要がなくなり消えてゆくでしょう。

とにかくCDの情報の欠落がこれほどだとはipodの導入で知るまで、気がつきませんでした。

現在の私のSACDのプレイヤーで聴く音は明らかにipodの音に負けてしまうのですか
ら、今まで買ったSACDをどうしたら良いのやら困っているところです。


でもこれだけ良い音を提供してくれる魔法の小箱も小さいが故に、扱いづらいのが欠
点かもしれません。

携帯用に開発されたものですから仕方がないのかもしれませんが、今後オーディオマ
ニアに浸透していけば、電子辞書あたりの大きさのものが、登場してくるかもしれま
せん。

そんなことを期待したくなるような、それ程の優れ物なのです。

------------------------------------------



プロケーブル注)

★実はこの68番コメントの冒頭のかたには、鬼門コーナーへの掲載後、
メールにて掲載許可をいただいておりました。下記がそのメールです。
 
 
 
> ○○ 様
> プロケーブルです。
> 今回○○様からいただいた二通のメールは、本当に
> 衝撃的でした。
> 一体全体、ゾンビども、オーディオ業界の野郎ども
> は、どこまで善良な人達の生き血を吸おうとしてい
> るのでしょうか?
> もうこれは許せないと、というのは、PCオーディオこそが、
>ゾンビが立ち入る事の出来ない聖域だったからです。
> 許せませんので、鬼門コーナーに、○○さんのメー
> ルをお借りして、皆さんに注意を呼びかけており
> ます。
> ぜひ許可、お願い致します。
> これにて被害者のかたが少なくなることを祈ってお
> ります。
 
 
 
★上記の私のメールに対して、本人様よりご返答をいただいて
おります。下記がそれです。
 
 


----------------------------
 
Subject: 願ってもない事です。
 
こんにちわ、岐阜の○○です。
 
私も同じように感じて、メール致しました。ぜひ、お役に立た
せていただきたいと思います。
 
以前から、思っていました。
 
我々、アナログからデジタルへの過渡期を経験しているもので
あれば、自衛することは可能でしょう。我々は肌でアナログの
音を知っています。ですから、そちらのHPを見るだけで、私
のように目の覚めるものも多いと思います。
 
ですが、最初からCD、MD等のデジタル音源しか知らないも
のには、このHPに書いてある事を頭では理解しても、実感す
るのは難しい気がします。
 
その上、確かにiPodの音は素晴らしいですが、携帯プレーヤー
を大音量で聞き続けてきた若い人は、微細な音を聞き分ける事
の出来ない者も多数居ます。試してみたけれど、良さが分から
なかった、というのは良く聞きますがソコにも原因の一つがあ
るように感じています。
 
私の会社の若い連中が、まさにソレです。健康診断の時にする
オーディオチェックの高い方の音が聞き取れない者が一人では
ありません。当然、mp3とWAVEの差など分からないでし
ょう。実際、聞いても分からないようです。みんな、iPodより
ウォークマンの方が音が良いと思ってます。
 
これは、歳を取って高域が聞き取りにくくなるのとは、根本的
に違うものでしょう。私も実際のところ16000hz以上は
聞き取れません、が、会社の若い連中が何度も何度も繰り返し
検査をしている横で、一回で検査が終了します。こいつらは若
いのに、どうしてこんなに耳が悪いんだ?といつも思います。
 
要するに、基本的に、まったくの無防備、というのが今の若者
でしょう。もちろん全員が全員そうではないでしょうが、しか
し周りがそうであれば流されてしまうでしょう。
 
となれば、”ハイエンド”雑誌の記事を読めば、必ずそちらへ
行ってしまうのでしょうね。店で実際に聞いてみても響きの成
分等極力減らした、ハイ上がりの音というのは、ある意味彼等
には聞き取りやすい音である筈ですし。
 
耳が悪くても聞き取りやすい音=良い音という図式になってい
る気がします。いわゆる、ドンシャリというやつですね。
 
ハイエンド雑誌のレヴューを書いてる人が、お年を召した方ば
かりなのも無関係ではないと思います。コレが全てでもないで
しょうが的外れではないでしょう。
 
何もかもが、ハイエンド危機メーカーにとって都合の良い状況
になっているのでしょうね。
 
危機的状況、その通りだと思います。
 
本当に、一人だけでもいいです。私のメールで救われる人が居
るのであれば、貴社のHPに対する私の恩返しになるでしょう。
 
取り上げていただいて、ありがとうございました。
 
 
 
 
 









design_x_r6_c1 design_x_r6_c3

無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 
blank