blank
p
top_title
design_x_r1_c1 design_x_r1_c3

お客様の声

Aさんのコメント:

プロケーブル様

先日、8412、88760(iPod用)、8460を購入させていただきました○○です。

連絡遅くなりましたがケーブル到着しています、ありがとうございました。
家のボロシステム(プリメインアンプ○○○○○○ ○-○○○○ + CDP ○○○○ CD-P○○○○
+ スピーカー ○○○○ ○○○○○)では「激変」とまではいかないものの、音は吹雪のゲレンデからとりあえず雪がやんだようになりました。

一応クリアーです。またアンプがケーブルにビビったのしょうか?今まで接続していたスピーカーケーブルでは右チャンネルから音が出なくなってしまいしました。
8460ではちゃんと鳴っています。ちょうどいいきっかけなので、この際CROWN D45 の購入を考えています。

それからiPodもテストしてみました。私は持っていないので甥に借りて聞いてみました。音楽領域にしかも圧縮ファイル状態のままでの再生でしたが、CDPと違って非常に聞きやすかったです。

しかし、やっぱりその程度のレベルです。もう少しマシな機材で聞かないとだめですね。でも少しずついい音になっていくプロセスがいいんです。

いきなりiPod+rockboxを聞いてしまうともう現状では後がないようなので、今後ゆっくりと煮詰めて行きたいと思います。

HP拝見させていただきまして、何かものすごく得をした気分です。私も当時はCD が嫌いでアナログレコードばかりでした。

しかし、時代の流れには逆らえずCDPを買いました。カセットテープとかにダビングする分には便利でしたが、音はやっぱり好きじゃなかったんです。

そんな思いからかだんだんオーディオに対する興味も薄れました。ですので高級な機材やケーブルはほとんど買っていません。

これってラッキーだったんですね。

結婚して子供ができて、その子供に少しでもいい音で音楽を聞かせたい(予算がない のでちょっとでも安く)というバカ親的発想からですが、プロケーブルさんに出会えました。ホンマにラッキーです!!

私の会社にも重症のいや病状からすると意識不明の重体くらいの輩がおります。専用 の200V電源を引き、ものすごい高価なダウントランスを導入し、機器やケーブルに費やした金額はもはやいくらかわからないと言っていました。その彼にプロケ−ブルさんのサイトを見るように言ってやりましたが効果はありません。実際にHP見たそうです。

しかし彼は一級品のフランケンでした、お金をかければ音がよくなると信じきっております。

また実際に良くなっていると豪語しています。

実際に彼のシステムを見たことはありませんし、音を聞かせてもらっていませんが、大体の予想はつきます。こうなったら実際にメーターあたり550円のケーブルのすごさを見せ付けるしかありません。

しかし、私のプリメインアンプは22年前の代物+たかが15,000円のCDPに能率の悪い小型のスピーカーではどうしようもありません。実家にDIATONE DS−501 (一応能率91dbです)があるのですがもってくる暇もありません。このような患者を、奈落の底から救い出す方法はないのでしょうか?


プロケーブル注;)そこまでの重体患者を救う方法はありません。本人が救いを望んでいれば可能ですが、望んでいない者を救い出すことは不可能ですと、回答しています。

もともとアナログの音を知っているかたは、今のCDプレーヤーごときでいくら頑張っても、たかがしれていることが、はじめから分かっているという、非常に参考になる例が、これです。若いかたはアナログを知りません。泥沼の底を這って這って、這い続ける「運命」に陥らないよう、厳重に注意されてください。

 


Aさんの会社の、一級品のフランケンのその後:

会社におります一級品のフランケンですが、アルテックやiPodの話を聞かせてあげました。彼曰くSACDのほうがイイそうです。それから「僕はハイエンドの方にいきます。」捨てゼリフです。
いったいどんな耳してるんでしょうか?ハイエンド??値段が高くて終わってる(終わりですからこれより先はない、つまり発展はない)?ってことですかね?
救出不可能です。


Aさんの追記:

今日、フランケンと話をする機会がありました(もちろん仕事の)。そのときにちょっと使用機材について聞いてみました。プロケーブルさんがおっしゃるように相手にしないのが一番だと思いますが、怖いもの見たさもありましたので思い切っていろいろ聞いてみました(その際にSADCがスーパーオーディオCDの略だということを初めて知りました)。

彼のシステムは SACD:○○○○○○、プリ:○○○○ ○○○○○○○(USA)、パワー:○○○○○(GBR)、SP:○○○○○○○○(デンマーク)だそうです。○○○○○○という名はきいたことありますし、バランス転送・その実体にもでてきましたので知っていましたが、あとのメーカーは聞いたこともありません(この中に使えそうなモノってありますか?)。さらにそれらが○日市(家から車で10分くらいのところです)で売られているというのにもびっくりしました。

聞いていて何だか恐ろしくなってきましたので値段や機種、ケーブル類までは聞きませんでしたが、「記憶に残る人」にエントリーする日も近いのではないかと思いました。ただし、救助を求めた場合ですね。今のところその傾向は皆無です。
彼のところへ行き、CROWNやiPod、BELDENの実力を見せてやろうと思っていましたが、今日話してみて諦めました。さわらぬ神にたたりなしです。

 


Aさんのさらなる追記:

久しぶりにフランケン情報UPします。なんでも2台あったパワーアンプ(新品で購入)を下取りに出して、中古のパワーアンプを購入したそうです(もちろん海外製の産業廃棄物)。

相変わらずSACDにドップリハマっているようです。いくら情報量が多いといってもエラー訂正もできないような欠陥品に数十万も、いやもしかしたらもう一桁上の金額を支払うという悲惨な現実…。

これじゃぁどれだけ産業廃棄物処分場を作ってもキリがないですね。そのうちフェ○○○ト同様受け入れ先すら拒否するようになりますよ。デンマーク製の細長いスピーカーにしても、外観はすばらしいインパクトをあたえますが、出てくる音はおそらく化学調味料で味付けされた聞き苦しい音かと想像します。

救出しようにも、「高額なもの=良い音」というガン細胞が頭の先から足のつま先まで転移していてお手上げ状態です。高額なアンプやスピーカーを購入することが彼等ゾンビのステータスであり、音のことなんか二の次なのでしょう。地獄ですね。まぁ、彼等にとっては天国なのでしょうが…。

 


- フランケンシュタイン患者・そのおそるべき本性と生態-


ビッグニュース! その1!

Eさんのコメントは、必読です!!今まで、オーディオゾンビの正体をここまで克明に書けた人は誰もいないと思います!凄い文章ですので、ぜひとも、Eさんのコメントだけは、お読み下さい!!!
★なお、続いて、Eさん再登場!、というコメントも登場しました。それも凄いですので、Eさん再登場!、も、ぜひともお読み下さい。

余談ですが、このEさんこそは、鬼門コーナーの19番の、19)CDプレーヤー/欠陥品(大鬼門)
の中で、Qさんのコメント、Qさん再登場!、Qさん再々登場!、の三つの衝撃的なるコメントをいた
だいたかたと、同一人物です。ぜひとも、そちらのほうも、ご一読下さい。凄い事になっております!





★ここから下が、このページの、本文です!!

--------------------------------------------

■フランケンシュタイン患者・そのおそるべき本性と生態

一通のメールを紹介させていただきます。登場人物は、フランケンシュタ
イン症候群の重傷患者たちと、それに近い位置にいながらも、疑問をもた
れていたかたです。

このかたのメール内容こそが、なんと、フランケンシュタイン症候群の患
者の、今まで隠されていた驚くべき生態を、白日のもとに晒し出してしま
うことになったのです。
 

■メール内容

この前WEを購入した○○です。
ケーブルでこんなに素晴らしいと感じたのは初めてです。
しかもメーター900円というリーズナブルな値段で最高な音を堪能
出来て感動してます。

今まではクライオケーブルと8N単線を使ってましたが、どうも納得いく
音では無くこれで限界かなと思ってました。
しかしこれを変えてこれも変えてということはしたいと思ってませんでした。
というのは他の方があれ変えてこれ変えてとやっていくのを見てそれでも「この音いいなぁ」
と思わなかったのと取り替えてる人も納得出来ず品物が無意味に高級品に変っていき音は
ミニコンポ以下という最悪な結果になってる
のを何度か見てます。←その方達は現在も進行
してますが・・・自分がこれいいよと言ってもその人達は聞く耳もちません。
その人たちは言ってます。「高いの付けたって意味が無いんだよ。一杯機材付けたって音を
悪くするだけなんだよ。だけどうちが使ってるのは最高の物だから問題ないよ。」と・・・
何処行っても言ってることと出てくる音が矛盾してるなと思いましたが、
貴社の鬼門という所を読んで自分の考え方は間違ってなかったと実感しました。

これでやっとモヤモヤした所から脱出でき高いところに上がれた感じです。
ありがとうございました。
長文失礼しました。



注:)このかたが指摘しておられる種類のかたがたは、なんとおそろしい人
たちなんでしょう、
このメールを送っていただいたかたが、はじめて彼らの本質を明瞭にしてく
れたように感じています。
その本性を、私は、はじめて垣間見た気がします。唖然としました。全く意
外でした。そこまでの人たちだったとは・・・。

であれば、この種のかたは、オーディオを続けていけば、人生が崩壊してし
まうことは、目にみえています。その本性は、間違いなく回りを巻き込み、
不幸に陥れる種類のものです。

私はミニコンポの安価なものを、この種のかたには、お勧めしたいです(聞
く耳すら持たないとのことですが)。

ミニコンポの安価なものや(高価なものはダメです)、カーステレオの純正
品というのは、単一のメーカーが、責任を持って大量生産していますから、
「音の焦点」も、だいたい合っているケースが多いのです。ミニコンポは馬
鹿にできません。
本当に素直な音で、実に素晴らしいことが多いのです。

フランケンシュタイン症候群の、重傷患者の音を、ミニコンポが越えている
のは、これ当然のことです。


■追記いたします。

同一のかたから、追加で、実に貴重な「文献」を、メールにていただきました。

追加掲載します。

★文献

自分のメールがHPに掲載されるとはこちらこそビックリです。
自分のメール内容が貴社から見たらそんなこと解りきった事だと思ってたからです。

メールの内容は喜んで掲載して頂き、HPを見た方々に泥沼から抜け出せればと思います。
前回のメールで書いたフランケンシュタイン患者の方々で、数名は高額のローンを払い続け、
また数名はあれこれ取り替えて、

「何か左のスピーカーから音が聞こえにくくなったなあ・・・」とA氏
「アンプがヘタって来たから取り替え時期じゃない?そのシステムだとこれがいいですよ」とB氏
このA氏はかなり不必要な物を取り付けてて、更に取り付けようとしてます。外すことは考えない
ようです。

その方々はクライオケーブルを一つのスピーカーに2本付けてます。かなり太くなってます。
出てくる音は・・・使った金額と反比例ななんとも悲しい音です。
その方々にWEは細いので「そんな細いの使ってん?クライオのこれ使ってみろ!」なんて笑われ
ました。
オーディオ歴が長くなるにつれて融通が利かなくなるようです。

こちらは今、クライオ処理されたパーツが軽症重症患者に人気です。

またまた長文失礼しました。



プロケーブル注:)

下記が、上記の貴重な、いただいたメールに対しての、私の返答の、およそ
の内容です(「阿呆」など、ガラの悪い言葉を少々紳士的に変更してます)。

★返答

いや、フランケン患者が多くいることは分かっていても、その本性が、実に
分かりにくかったのです。なぜ、ミニコンポの音を聞いて不思議にならない
か、とか、カーステレオのほうが良く聞こえないのか、とか、どういうかた
が、そういうことばかり延々と続けているのか、とか、実にその「生態」が、
分かりにくいのです。

身近で、ご自分も近い位置におられ、そのかたから見た「生の声」、○○様
の記述は、まさしくそれでした。本当に貴重なメールありがとうございます。
今回のも、これまた、貴重な内容です。多くのかたが、泥沼から脱出したい
はずですし、脱出するには、○○様のメールは、すごく力になります。


■総論

>かなり不必要な物を取り付けてて、更に取り付けようとしてます。外すことは考えないようです。

これ実は、フランケンシュタインの本性を示していることと考えられます。
フランケンは「つ・ぎ・は・ぎ」を当てることによって生きていますから、
その「つぎはぎ」を取り去ると、体に穴があいて空洞になってしまいます。

それは、冷たい風が、からだの中を吹き抜けてしまうであろう「穴」です。

フランケンにとっては、つぎはぎを外すことは「恐怖」であり、とても考
えられないことに、違いないのです。

この現象は、我々自身にとっても、オーディオをやっていくうえで、一つ
の「バロメーター」になるのだろうと、感じている次第です。
 

------------------------------------------------------------------------------------
これより先は、左側の、「お客様の声」の続きとします。
------------------------------------------------------------------------------------

Bさんのコメント: ハイエンドオーディオのエンジンは軽四輪だそうです!

プロケーブル 様

目が点になった○○です。お世話になっております。

いよいよスタンドが発売になるようですね!
発表しだい、早速導入したいと思います。

ちょっと与太話なのですが・・・
今年、インターナショナルとハイエンドオーディオショウに行ってきました。

今まで数回行った事があるのですが、「これだけ(一千万円とか)金をつぎ込んでも、
やっとこの程度の音なのか。
なんとコストパフォーマンスの悪い趣味なんだ・・」と
思っていました。
(実際、家で上手く調整することを差し引いた上で、です)

しかし今年(五月)より一連のシステムに移行してからは、本当に満足のいく音質で
(コスト面でも)まさに最良の結果に浸っております。

なぜ今回ショウに行くのかといいますと、まさに怖いもの見たさです。
今の音の基準で聴いたらどうなるのか? ということに興味があったのです。

結果は、まあ・・・笑うしか無かったですね。
それぞれのブースで、「この辺の音がこうなってるんだよ!」と突っ込みを入れて
回ろうかと思ったくらい、それはそれは面白い音がしていました。
たしかに音は好みですから人それぞれでしょうが、あまりに高いのはやはり異常です
ね。

少なくとも、高級スポーツカーは見た目の他に実際200km以上スピードが出て、
性能の高さ自体も評価の対象になります。
しかしオーディオ界は,見かけこそカウンタックやNSXですが
肝心のエンジンは軽自動車並みです。
それならそうと言うべきです!

しかし彼らも馬鹿ではありません。多くのブースでアナログのデモを行っているのです。
馬鹿高いアナログシステムはやはり異常ですが、腐ってもアナログの音はします。
本当は彼らは知っているのでしょうね。むしろCDPとかよくぞここまで「捏造」できる
のかと
(彼らは「創造」とでも言うのでしょうが)感心すらしてしまいます。

あと笑ったのが、H社が初出展していたことです。サイレントブースで、蚊の鳴くような
音量で、とまじめな展示とはいえませんでしたが。

貴社のおかげで、コンシューマー用として馬鹿売れしているのです。
他人のふんどしで何とやら・・・ですね。その隣にはデジタルチャンデバ。
何でもござれでしょうか。どこまで事態を把握しているのかは疑問ですが(笑)

全くの与太話につき合わせてしまって申し訳ありません。
貴社がますます世に知れ渡ることを願ってやみません。

それでは、今後ともよろしく御願いします。

○○ ○○

------------------------------------------------------------------------------------

Cさんのコメント:ショッキングな素晴らしいコメントの登場です!!

プロケーブル様

フォースI届きました。いつもながら早くて正確な対応ありがとうございます。
お礼と私の体験談を少し書かせてください。ゾンビの人も多く読んでると思うので。

私も元ゾンビです。
だから初めて御社のHPを読んだとき正直「嘘だ」と思いました。

でもずっと疑問もあったのです。
なぜレコーディングスタジオにハイエンドオーディオがないのか?

だから騙されてもいいやという軽い気持ちでベルデンのスピーカーケーブルを注文し
ました。

なんという安さでしょう!5000円でお釣りが来ました。
私が持っていたのは○社の1万円/Mの品です。
安いベルデンの音は素晴らしかった。私はなんという息苦しい音を聞いていたので
しょう!

続いてプリとパワー間のケーブルをベルデンに替えました。
私はアンプに合わせて○社のケーブルを使っていました。
まさかと思いましたが、結果は前回と同じです。
ここにきて20年も騙されていたことに気づいたのです。

迷わずD45を注文しました。なんという伸びやかな音。これが欲しかった音です。
G社のアンプは御社の言うとおりぼろでした。
感動のあまり御社に電話をしました。
お忙しかったと思うのですが
一緒に喜んで頂きさらにミキサーのアドバイスもいただきました。

そしてミキサーXONE02を購入しました。
ものすごく正確な音にびっくりしました。
でも最初私の耳にはついていけませんでした。
高音がきつく感じたのです。
ここまで順調だったのに・・・。
戸惑いましたが、1時間もすると耳が慣れたせいか良い音に感じました。
念のため○○○○○○○に戻すと音がこもっていてもう聞けたものではありません。

さて次は?
でもここで少し休むことにしました。

ゾンビが長かったせいで耳がねじれてしまったのです。
いい音に少しずつ耳を慣らして行こうと思ったわけです。

これは大事じゃないかと思うのです。
いきなり正確な音を受け止められる人は多くはないのではないでしょうか。

10か月ほど経過して、満を持してのフォースIです。
それまでは○○○の○○○○○○○○○○を使ってました。
良い音だと思っていたので
これはさすがに差がつきにくいんじゃないかと心配していたら杞憂でした。

フォースIで聞くと一回り広い部屋で聞いているような錯覚にとらわれます。
他の多くの人が書かれているとおりの素晴らしいスピーカーです。

ゾンビをやっていた頃、音が窮屈で息苦しく感じ、疲れることがたびたびありまし
た。
あれは不自然な音を頭の中で自然な音に変換して聞くから疲れていたんじゃないかと
思います。

フォースIを楽しんで不満を感じたら、マックなり電源強化なり焦点なりやってみま
すが、
今の私には現状で夢のような音です。浮いたお金でソフトを買います。

プロケーブルさん、稚拙なレベルの私ですが、本当に助かりました。
プロケーブルさんの主張がメジャーになりますように。
またお世話になると思います。本当にありがとうございました。



------------------------------------------------------------------------------------

Dさんのコメント: 素人のかたからのコメント/新鮮です!

 初めてメールをさせて頂きます。
御社のHPを偶然みまして大変驚いています。
最初はナンダロウナーと思って軽く読んでいたのですが気が付くと文章だらけの
画面をずっと読んでいる自分にびっくりしました。
私はオーデイオマニアでもミュ−ジシャンなど音楽に携わっている者ではありま
せん。
しかし、私のまわりにマニアと呼ばれる何人かの人達ががいますが、端で見てい
「ああこれがフランケンシュタイン症候群なんだなー」と思いました。
そんなところを見ていますのでオーデイオの世界はあまりにもお金がかかり縁の
無い事だと思っていましたがプロケーブルさんのHPを見て私でも出来るのでは
と思いました。
実は今、家を新築しています。もう既に建っているのですが電気工事はまだです
ので「これは是非しておけば良い」といったことが有ればアドバイスを頂ければ
と思いメールを勝手ではありますがさせて頂きました。

プロケーブル注:)家の新築時に出来る事といえば、部屋の角がきちんと
出るようにしてもらうこと
、そして、200ボルトを引いておいてもらうこ
くらいでしょうか。
ドアの位置もあります。部屋の四隅回りにドアを付けず、ずれた所にドア
を配置してもらう
と、のちのち5.1チャンネルサラウンドがやりやすくな
りますし、部屋の両端がオーディオ用に好きに使えます。
このかたの場合には、すでに家は建っているとのことですので、200ボル
トの配線だけをしてもらっておくようにアドバイスを差し上げました。



------------------------------------------------------------------------------------

Eさんのコメント: オーディオゾンビ(フランケンシュタイン患者)の生態をここまで克明に書けたかたがいたでしょうか!?

さて、いつも発言を取り上げて頂いてありがとうございます。

〇〇です。相変わらず酔っ払ってますw

ここで私がゾンビだった頃の心情を一つ。

過去の私も含めて、彼等ゾンビは「自分のシステムを褒めて欲しい」のです。

多額のお金を掛け、雑誌やネット等で「良い」と書かれていたモノを導入し、「素晴らしい音を奏でる」筈の、でも自分でも納得出来ない「素晴らしい音奏でている」筈の、自慢の「オーディオ」の音を聴いて、ただ、「良い音だね」と、その言葉を言って欲しいのです。

しかしその望みは叶いません。実際に聴いた人は「値段の割りに大した事無いなぁ・・・。でもソレを正直に言うのも悪い気がする・・・。」としか思わないからです。そう、同じ「ゾンビ&フランケン」以外は・・・。

だからこそ、YouTubeやTwitter、HP等で理解される宛ても無く、「素晴らしい筈」の「自慢のオーディオ」を顕示し続けるのです。同じ穴の狢の、「良いシステムですね」の言葉を期待して。

最初は「好きなアーティスト」のアルバムをもっと気持ち良く聴きたい。そう思ってオーディオを始める人が殆どです。好き好んでゾンビやフランケンになる人はいません。

しかし、手に入る情報から構築した「オーディオ」からは、期待した音は出ません。ここで、「自分の感性」「自分の耳の性能」に疑問が生じて、「良くない」と思った自分の感覚に疑問を覚え、「悪い」と感じている自分の感覚を誤魔化して「良い音の筈だ」と思い込むのです。自分で自分を洗脳するのです。

愚かな事だと今の私は思いますが、当時の私は疑問にも感じていませんでした。感じない様、自分の意識を誘導していたのです。

何故か?馬鹿げた程の金を掛けた自分の愚かさを認める事が出来ず、「多額の金を掛けた」事を「間違いだと認めたく無かった」からです。自分のして来た事は「正しかった」のだと、「間違ってはいない」のだと、誰かに肯定して欲しいのです。

その惨めな行為も、鬼門のコーナーの「CDプレーヤー/欠陥品」を読んだ事で見事に粉砕されましたが・・・。心から感謝してますよw

「惨め」オーディオゾンビに対する言葉は、ソレに尽きます。余りにも惨めです。

彼らは、可哀想」な人達なのです。自分で「真実」を理解しようとしない以上、同情の余地はありませんがね。

最近、友人とこんな話しをしてますw

今、プロケーブルに出会い、オーディオを始められる人の、なんと幸せな事か・・・・、と。

デジタル機器の性能は上がり、クラウン以上のトーマンのアンプの発見、A2D社製電源ケーブル及び超越電源タップの開発、比較的使い易い小型スピーカーの販売、そしてセッティングノウハウの蓄積、と理想的な環境が整っている現在。
ココから始められる人の、何と恵まれている事か?・・・、と。


では、またお世話になります友人がw



------------------------------------------------------------------------------------

Eさん再登場!: オーディオゾンビの生態 その2! 

この事とCDプレーヤーに関しては、10年以上掛けてようやく最近考えがまとまって来た処ですね。
酔った勢いで書いてしまいましたがw


私自身、「ハイエンド カーオーディオ」の呪縛から解き放たれて、次に乗った車のオーディオには、2万円程度しか使わず、音源だけiPodに非圧縮音源にしてUSBで接続して聞いてました。

そしたら、偶々車に乗った会社の上司から「良いな、この音。」と言われちゃいましてw戯けた「ハイエンド」なぞに金を使っていた事がどれだけ馬鹿げた事だったか、嫌って程理解しましたw

数百万の金を注ぎ込んでいた頃には望んだ言葉を誰からも貰えず、ソコから解き放たれた途端、心から渇望していた言葉を得られた。
正直、泣きそうになりましたw虚しさと嬉しさで。

正直、この文は勢いに任せて書いた、書いてしまった感情の発露なので恥ずかしさ満載ですが、もし誰かの役に立つのなら・・・望外の喜びですねぇ。



プロケーブル注:)このかたの「渾身の文章」が、どなたかのお役に立ち続けていく事を、当店も
心から願っております。

ペンは、剣より強いです。



------------------------------------------------------------------------------------

Eさん再々登場!: オーディオゾンビの生態 その3!


友人と話している時は、もう少し過激な表現を使います。

「YouTubeやブログや雑誌なんかで、自分のシステムの詳細を機種名や写真入りで公開してる連中。」

「あれな、心の叫びなんや。俺が散々お前に語ったやろ?自分のシステムがどれだけ素晴らしいか。」


「幾ら金掛けてどれだけ雑誌なんかで評価が高いか、散々語ったやろ?アレと同じや。」

「アレな?自分でも、どっかで不安感持ってるんだわ、自覚してへんけどな。『これ、本当に良い音なんかんな?』ってな?当たり前だけどまともな音鳴らんしな、高価いモン付けても。」

「けど、高価いんだから良い物に決まってる、って思い込もうとしてるんやな。ってーか『良くないと困る』んだよな自分が。馬鹿げた金額払ってんだから。」

「だけど、やっぱし何となく良く無いのは分かるやろ?。けど、大金払ってる以上、自分でも納得いかんから他人に聞かせて『良い音やなぁ、羨ましいわ』とか言われたいんだわ。」

「他人の言葉聴いて安心したいんや。『コレやっぱし良いシステムだよな?』って。だけど、望んだ言葉なんか誰も言ってくれんしな。当たり前だわ、音悪いんだからw」

「で、ネットで不特定多数の人に自分のシステム詳細を公開して、同意を得たいんだよな。」

「『同病相哀れむ』になるけど、誰かの言葉で慰められたいんだわ、『凄いシステムですね、羨ましい』とか言われてな。」

「俺は、ショップに入り浸って同じゾンビと傷の舐め合いしてたよな?何度か店連れてったから覚えとるやろ?」

「俺のシステム素晴らしいよね?」「間違ってないよね?」「全然良くないと思えるのは自分の勘違いで、良い音が鳴ってる筈だよね?」

「こう叫び続けてるんだわ、あいつら。だから、否定的な意見には恐ろしいほど過剰に反応するしな。否定されたら困るんだよ。」

「声高に、主張し続けないと保たないんだよ心が。」

「結局、満足して無いんだわ、自分のシステムに。だから常に次の新製品を求めるんだわ、意味も無く、な・・・。」

こんな話をマジでしてますね最近。酔っ払ってると推敲もせんとメール送ってしまうのが自分でも困りものでw

プロケーブルさんで、久々に買い物をしました。楽しみに待ってますw



プロケーブル注:)このEさん再々登場につきましては、メールに最初から色づけされて
いた色を、そのまま忠実に、ここに、再現しております。

さて、ここまで来ると、オーディオゾンビの本人のかたは、読んでいて、
いたたまれない気持ちになるのではないでしょうか。


それを恐れず!、しっかりと、自分の事として、自分が持っている欠陥
として、読んでみて下さい。


必ずや、明るい光明が射し、救いがやってくると思います。





(トップページに戻る)

(鬼門コーナーのトップページに戻る)


design_x_r6_c1 design_x_r6_c3

無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 
blank