blank
p
top_title
design_x_r1_c1 design_x_r1_c3



- プロケーブル(ProCable)大阪試聴室の「夢のような音」とは!?-


★プロケーブル(ProCable)大阪試聴室の「夢のような音」とは!?

さて、ここで、プロケーブル(ProCable)大阪試聴室の音に触れておかなくてはなりません。なぜなら、プロケーブル(ProCable)大阪試聴室(プロケーブル(ProCable)大阪店の中にある試聴室)の音ほどデマが飛び交っている場所は、他に無いからです。
 
真実はと言いますと、プロケーブル(ProCable)大阪試聴室の音を聞かれたかたの、99.9%以上もの方々までもが、こんなに凄い音は、生まれて初めて聞いたと、感動して帰っていかれるのです。
 

そして、プロケーブル(ProCable)大阪店に好意を持っていただいて、プロ用ケーブル類などからはじめて、継続的に買いに来ていただいております。
 
ところが、インターネットでのプロケーブル(ProCable)大阪店への評判はと言いますと・・・、これが、なんと、真逆なのです!
 
プロケーブル(ProCable)の大阪試聴室というのは、オーディオゾンビ、そして、プロケーブル(ProCable)がのさばると非常に困るであろう、オーディオ業者からの、格好の誹謗中傷のターゲットになってしまっているというのが、本当のところです。

★これは裏を返せば、いかに彼らゾンビ業者どもが、プロケーブルを恐れているかの証明でもあります。
 

たとえば、こんな具合です。
 
1)プロケーブル(ProCable)の大阪試聴室の音は、あまりにもひどかった。
2)民生用に比べてプロケーブル(ProCable)大阪店の音は、何の良さもなかった。
 
このような誹謗中傷に耐えながら、日々の仕事をしっかりしていただいている大阪店の店長の根性は、我々仲間の目から見ても、誠に見上げたものなのです。
 
ウソだと思ったら、プロケーブル(ProCable)の店舗内に備えている、大阪試聴室の音を、たった一度でいいですから、聞きにいってみて下さい。

そこには、かつて一度も聞いた事がないほどの、夢のような世界、あこがれてしまうほどの、オーディオの音が鳴っています。


プロケーブル(ProCable)大阪店がある日本橋というところは、大阪の有名なオーディオ街です。それもあってか、特にプロケーブル(ProCable)大阪店への風当たりは強いようです。

特に大阪の日本橋と言えば、非常に高額なオーディオの商品の場所として有名な、本家本元の場所なのですから、プロケーブル(ProCable)の存在が、彼らにとって恐ろしいのは自然な事なのです。



★他のオーディオ業者がプロケーブル(ProCable)大阪店を潰さねばと危機感を抱く程の鮮烈な音

 
それもあってか、プロケーブル(ProCable)大阪店は、格好の餌食にされてしまっているのです。そして、決して見逃されないでいただきたい事は、プロケーブル(ProCable)大阪試聴室を、こきおろす事によって、プロケーブル(ProCable)社そのものを、こきおろしているのだ、という、厳粛なる事実です。
 
よほど彼らは、プロケーブル(ProCable)社の存在を、嫌がっているのでしょう。プロケーブル(ProCable)社の存在は、彼らの首を絞めてしまうほど、強烈な異臭を放っているに違いないのです。
 
しかし、こんな腐った業界が、オーディオ業界、そして、そこにのさばる、オーディオ業者であって、いいものでしょうか?そんな事なら、オーディオなど、やめてしまったほうがいいのです。
 
そして、他の事を趣味にしたほうがいいです。もしオーディオを趣味にするなら、信用出来るお店を、ただの一軒でもいいですから、自力で、日本国内から、見つけ出して下さい。
 
当店、プロケーブル(ProCable)は、徹底的に彼ら、やらせ業者に抗戦していきます。そして、彼らがつぶれるまで、プロケーブル(ProCable)流で、抗戦していくつもりでおります。プロケーブル(ProCable)が主張する、プロ用のケーブルこそが、安価で優れているとなれば、彼らぼったくりケーブルの巣窟みたいな、いびつな業者は、時間の問題で、つぶれていくに違いないからです。


★真実が知れ渡るのは、時間の問題に過ぎません。

いくら誹謗中傷で、あくどい噂をプロケーブル(ProCable)大阪店に対して立て続けたとて、プロケーブル(ProCable)大阪試聴室の音が、来る人来る人、一人残らず全員を感動させてしまうほどのものである限り、「オーディオをするならプロケーブル(ProCable)の大阪店の試聴室の音をまずは聞いておけ!」という噂やアドバイスの波が、関西地区で広まっていくのは、時間の問題に過ぎません。
 
ただ、私から冷静に見ていますと、初期の頃は、非常にコアなオーディオマニアのかたも多く来ておられました。彼らは、ひと癖もふた癖もあるのです。
 
長年にわたって「いびつな音」を聞き続けてきたせいなのか、その分、本当にプロケーブル(ProCable)大阪試聴室の「夢の音」が理解出来ないのでは?、と、首をかしげたくなるようなかたも、時々見受けられた事も、プロケーブル(ProCable)大阪店を開いた当初には、少なからずおられたと、証言しておきます。
 
ただ、最近では、プロケーブル(ProCable)大阪店に来られるのは、一般のオーディオマニアのかたが100%に近い割合ですので、良い音は良い音であるとの判断は、彼らのほうが、いびつにねじ曲がったオーディオマニアなどより、遙かに正確で正直な耳をしていらっしゃるのです。
 
プロケーブル(ProCable)の大阪試聴室のある、大阪店の場所、行き方などは、プロケーブル(ProCable)サイト、および、プロケーブル(ProCable)大阪店のサイトにも書いてありますので、

皆様お誘いのうえ、プロケーブル(ProCable)大阪店の「夢のような音」の場所へ、それこそ「ラリっているほど生々しい驚愕の音!」、大阪試聴室へ、ご来店下さい。
 




----------------------------------------------------------------------------


★ビッグニュース!その1

Cさんのコメントは何気ない記述ではありますが、ビッグニュースにふさわしいものと思います。
今までのオーディオは、とにかく低音ともなると、基準が全くありませんでした。

適度な低音は?

と、オーディオゾンビのかたに聞いても、まったくの時間の無駄です。

いい加減極まりない、異常で「おかしな回答」が、帰ってくるだけです。

ゾンビどもの多くはドカドカと低音が出ているような「間抜けな音」を良い音だと「勘違い」しており、
その種の「こけおどし的な」、「間抜けな音」を、勧めてくる事でしょう。

そんなバカな!!

だからこそ当店が「低音の基準」をはっきりさせておきます。

Cさんのコメントを、まずは、お読み下さい。

そして、大阪店の試聴室の低音を基準にしてください!

オーディオ地獄に陥りたくないかたは、特に、そうしてください!




--------------------------------------------------------
これより先は、「お客様の声」とします。
--------------------------------------------------------


Aさんのコメント: 何百万円のオーディオがバカらしくなる大阪店の音とは?!

はじまして。大阪日本橋の店舗でそのサウンドを聞いて、他の何百万もするオーディオセットは馬鹿らしく感じて後悔している次第です。



--------------------------------------------------------

Bさんのコメント: 大阪店の試聴について
 

思っていた以上に良かったです。
ほんとに良くセッティングされています。
フラットとか生音という意味が少しわかりました。
とにかくクモリなくリアルでした。

きれいな音とかとは次元が違いますね。
いい勉強になりました。



--------------------------------------------------------

Cさんのコメント: 大阪店の音を、低音の基準にしてください!!

ProCable様

お世話になります、○○です。

先日は大阪試聴室にて大変お世話になりました。
初めてPAスピーカーの音を聴きましたが、柔らかく繊細な音に
ビックリしました。
耳障りではないすみきった中高音、そして
等身大の低音。思ってた以上に聴きやすく、リアルな音質
でした。



プロケーブル注:)低音につきましては、コメントをしておく必要がある
と考えました。
時々、ほんの時々、100名に1名くらいですが、低音が少な
いと言われるお客様がいるとのことでした。

その都度、このリアルな低音が適正な低音ですと、大阪店では、回答して
いるそうです。
このかたのコメント通り、低音は、等身大のリアルな低音でな
ければなりません。


そこにウッドベースがあるように、そこにキック
ドラムがあるようにです。


低音の基準は、ジャズが一番分かりやすいと思います。あえて、ジャズファ
ン以外のかたも、ジャズのウッドベースの音で、そのウッドベースがそこに
あるように、低音をセッティングされるといいでしょう。

それ以上の低音は、単なる「こけおどし」であり、「ドンシャ
リのバカげたド素人の音」
であり、歪んだ音になりますので、
要注意です・・・・・


ということは、自宅の音のセッティングの為に、あえて大阪店の音を聞いて
いただいて、その低音の量に合わせて、自宅もセッティングするという方法
がベストではないかと思います。
低音の基準は、あくまでも、大阪店の音として下さい。



--------------------------------------------------------

Dさんのコメント: 大阪店の音は、もー全然違う!!ことに本当に驚いた!

前回購入させて頂いた商品は以下です。

------
 thomann S-75mk2
iPod用ケーブル Belden ベルデン 88760 (02008-02)
(WATTGATE)シールド電源ケーブル 黒色プラグ (04005-04)
(非メッキ)3ピンから2ピンへの変換コネクター (04008-00)
BELDEN ベルデン 8460 18GA (03001-03) 
------

このセットでiPadを聴いた時は驚きました!
まったく今までと違う音でした!


そして、その後すぐに大阪のお店にお邪魔し、持参したiPhoneを試聴させて頂きましたが、その素晴らしさに愕然としました!
オーディオにはド素人の私でもまったく、もー全然違う!!ことに本当に驚きました。
以来、電源とスピーカーは何としても手に入れたいと思うようになり、今回購入させて頂きたいと思いました。

HPで紹介して頂いている、スピーカースタンド使ってのセッティング方法を参考にさせて頂き、挑戦したいと思っております。

お忙しいところ恐縮です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


○○○○



--------------------------------------------------------

Eさんのコメント: すごい装置を聞いてしまった!!

プロケ−ブル 様
 
三重の○です、あれから3月13日に再び大阪店にお邪魔をし、そこでその日大阪店の装置をじっくりきかせていただきました。以下そのレポ−トをさせていただきます。
 
曲目はヴィヴァルディの四季から夏秋冬の全楽章を、演奏はイ・ムジチ合奏団、ヴァイオリンはフェリックス・ア−ヨ、
 
云わずと知れた四季の定番です。
 
感想は一言でたまげました、まずア−ヨのヴァイオリンのつややかなこと、今までこんな音は聴いたことがありません。
 
それと強奏でも全く騒がしくなく、本当とに音が良いとはこのことなのでしょう。
 
部屋全体が豊潤な音で包みこまれ、スピ−カ−の存在を忘れさせるものでした。すごい装置を聴いてしまったというのが正直な感想です。
 
至福の時間があっという間に過ぎて行きました。もちろん店長様にも、この感想を述べさせていただきました。
 
この日はパソコン再生用のケ−ブルを購入しましたが、自宅で再生したところ、すっきりした音色でした、これはこれでなかなかいいものでした。
 
私もオ−ディオ地獄にはまっていた一人ですが、貴社の製品を知り救われました。
 
今後ともよろしくお願いします。大阪店の店長様にもおろしくお伝えください。ありがとうございました。






(トップページに戻る)

(鬼門コーナーのトップページに戻る)



 

  

プロケーブル(ProCable)大阪試聴室の「夢のような音」!

プロケーブル(ProCable)大阪試聴室の「夢のような音」!

design_x_r6_c1 design_x_r6_c3

無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 
blank