blank
blank
blank


blank blank

スピーカーケーブル
blank

ウェスタンエレクトリック WE 24GA (非メッキ、ブラックエナメル)

ウェスタンエレクトリック WE 24GA(メッキ)

WE ウェスタンエレクトリック - ジャンパーピン- 4本セット

ウェスタンエレクトリック WE 22GA

ウェスタンエレクトリック WE 18GA(復刻版)全国最安値!

ウェスタンエレクトリック WE 16GA(復刻版)全国最安値!

ウェスタンエレクトリック WE 14GA(復刻版)全国最安値!

スピーカーケーブル用Y型圧着端子4個セット

ウェスタンエレクトリック WE 16GA(オリジナル、赤・赤)

ウェスタンエレクトリック WE 14GA(オリジナル、緑・グレー)

ウェスタンエレクトリック WE 18GA(非メッキ、単線)アルテック専用

ウェスタンエレクトリック WE 12GA

ウェスタンエレクトリック WE 10GA

ウェスタンエレクトリック WE 8GA

BELDEN ベルデン 8460 18GA

BELDEN ベルデン 8470 16GA

BELDEN ベルデン 8473 14GA

BELDEN ベルデン 8477 12GA

MOGAMI モガミ 2804

AE線0.9ミリ 切り売り

AE線1.2ミリ 切り売り

AE線1.2ミリ 200m巻き




ウェスタンエレクトリック WE 8GA
1.0m×2本
: ¥4,200
2.0m×2本
: ¥8,400
3.0m×2本
: ¥12,600
4.0m×2本
: ¥16,800
5.0m×2本
: ¥21,000
6.0m×2本
: ¥25,200
7.0m×2本
: ¥29,400
8.0m×2本
: ¥33,600
9.0m×2本
: ¥37,800
10.0m×2本
: ¥42,000
11.0m×2本
: ¥46,200
12.0m×2本
: ¥50,400
13.0m×2本
: ¥54,600
14.0m×2本
: ¥58,800
15.0m×2本
: ¥63,000
16.0m×2本
: ¥67,200
17.0m×2本
: ¥71,400
18.0m×2本
: ¥75,600
19.0m×2本
: ¥79,800
20.0m×2本
: ¥84,000
25.0m×2本
: ¥105,000
30.0m×2本
: ¥126,000



お客様の声


- ウェスタンエレクトリック スピーカーケーブル -
 
ウェスタンエレクトリック WE 8GA


ウェスタンエレクトリック WE 8GA  

(推奨距離、片側20m〜30m)

伝説のスピーカーケーブル

注:)スピーカーケーブルは、必ず左右同じ長さで接続されてください。

WEにつきましては、今後は入荷予定もなく、在庫が尽きれば本当に終わりです。世界的に枯渇してきており、高騰していますので、WEレベルの音を必要とさ れているかたが入手されてください。なるべく多くのかたに使っていただきたく思いますため、業者さんはご遠慮ください。なお、古いものですので汚れている 場合もございますが、音には関係ありませんので、ご了承ください。



要注意事項!!

スピーカーケーブルの「本数」につきまして
スピーカーケーブルというものは、スピーカーを鳴らす為のものです。一本というのは、一個のスピーカーを鳴らせる一本ですから、二本がはじめからよってあります。1m離れた二個のスピーカーを鳴らすには、1m二本です。この種の間違いが継続的に多発しておりますので、注意ください。








Price :
¥4,200〜 (税込)



   ↑長さを選択して下さい


・8GA用棒型圧着端子 8個セット:不要(+0円) | 必要(+1,480円)





伝説の「WE」(ウェスタン・エレクトリック)のスピーカーケーブルです。これぞ本物中の本物です。世界にも残りわずかなもので、貴重品、最も太い、8GAです。10GAより、さらにワンランク太い往年の名ケーブルです。非常な美品で残っているものですが、本国の米国にすら、在庫が無くなってしまっているほどの名ケーブルです。


線材の直系は、16GAが、1.290ミリ、14GAが、1.628ミリ、12GAが、2.052ミリ、10GAは2.588ミリ、8GAは、3.264ミリです。8GAは、最も太い部類、相当な長距離用に属するケーブルです。

ケーブルは太ければいいというものではありませんので、3mから4mほどで結ばれる場合は、16GAのほうが、うまくいくケースも多いと思います。このあたりは電源環境や機材にもよりますので、一概には言えない部分ですが、およそ、16GAは、3mから4mあたりの長さに対応しており、14GAは、6mあたりから、8mほどの長さに対応すると考えて下さい。 長さと太さ、その両者の関係から、適正な太さを決めます。コンサートホールなどで使う用途として、長い場合(20mか30mまでくらい)に、見事に対応してフラットな音に持ち込めるのが、この8GAという太さになります。分かりやすく言うと、25m引く場合、WEの8GAを使うと、信じがたいほどに、音が激変して良くなります。

we_8ga

WEの16GAは素晴らしいケーブルですが、DVDのリアスピーカーなど、10m以上もの長距離を引くには、16GAでは、音がシャープになり過ぎます、無理があります。16GAの適正長は、3mから4mほどまでです(電源環境やアンプの特性などにより、適正長は大きく変動します。このあたりは、個々の環境によって違う部分であり、一概には言えません。各自が実験のうえ適性長、適正な太さの選択をする必要がある部分です)。

そのため、あえてカナレの4S6などを長距離用として出していたこともあったのですが、カナレのスピーカーケーブルは、実はフラットではありません。フ ラットにするためには、特別のRCAケーブル、ベルデン83702などを、必要とします。そのことは、83602の項目にも明記しております。83602 を使わない限り、カナレは、長ければ長いほど、モヤッとした、曇りガラスのような音になります。

しかし、このWE(ウェスタン・エレクトリック)の8GAは、凄いことになります。全く次元が別です。生々しくもリアル、目前に、音楽の中に存在する音の一粒一粒が、形を持って再現されるほどの音を、20mから30mほどまでの長距離でも、見事に成し遂げてくれます。

★オプション品の説明

これは、業務用の棒型圧着端子で、12GAという太さの史上最高のWEの音を変えずに転送する為のものです。

オーディオ界ではスピーカーターミナルなどが売られていますが、それに差せる端子となると非常に少ないのです。

また、この種のものがもしオーディオ界で売られていれば、ロジウムメッキものや純銀ものなど、非常に高額なものになるでしょう。ところが、これほどまでに素直な音の端子は皆無なのです。

WEの太いケーブルをお使いのかたは、この端子を、ぜひご利用下さい。

なお、圧着は、圧着専用工具を使わずとも、普通のペンチで十分に出来ます。




下記は、WE16GAにもWE14GAにもWE12GAにも、このWE8GAにも共通する、名ケーブル、WE(ウェスタン・エレクトリック)のスピーカーケーブルだけが持つ特徴です。




アルテック、ジェンセン、JBL、タンノイのモニター系、それらを完璧に鳴らすには、WEのスピーカーケーブルが必用です。独特な、洗練されきったフラッ ト感が必用なのです。上記のプロ用スピーカーが、どれもこれも鳴らしにくいこと、このうえないのは、WEレベルのスピーカーケーブルが、現在では存在しな いことが、原因の一つと私は考えています。

それは、100年続いた思想の中での「フラット」という意味にとられても構いませんし、現代においては、レコーディング・スタジオや放送局だけが残している、「本物のフラット」の音のことです。いや、それよりさらにフラットな、美しくも生々しい音のことです。

「WE」(ウェスタン・エレクトリック)についてご存知ないかたに少し説明を加えておきます。エジソンが出た直後から米国には、「WE」(ウェスタン・エレクトリック)という会社が登場しています。途中で社名をルーセント・テクノロジーに変えており、米国では、一種の謎めいた、帝国的な存在になってしまいましたが、今もそれは伝説的に、「WE」(ウェスタン・エレクトリック)と呼ばれています。

we_8ga



50年も60年も前の「WE」(ウェスタン・エレクトリック)の真空管アンプは、とてもタフで、今も映画館などで現役で使用されており、それが放出されると、200万円だの、状態の良いものですと、それ以上の値段で取引されている代物です。勿論、音が素晴らしく良いから、その値段が付くものですが、60年前の骨董品のようなプロ用アンプに、民生用のどれを持って来ても、到底かなわないという事実が、面白いと思います。それは、ケーブル一つとっても、全く同じ現象が起きています。

さて、このWE(ウェスタン・エレクトリック)のケーブルは、14GAと、16GAあたりは、太いにせよ、今の常識からは、太いほうではありません。しかし、それで良いのです。いや、太すぎては、スピーカーの能力は、まず、引き出せません。

が、さすがに20m以上引くには8GAあたりまで太くしなくてはなりません。

WEのケーブルの構造は、まずビニールみたいなもので絶縁されており、その回りは、美しい綿布で覆われています。とてもコストのかかる、二重構造になっております。これも理由があります。綿は帯磁しませんから、あえて使われています。二本の線が、適度なピッチでよってあります。これも理由があります。ノイズを拾うことを、適正に、避けるためです。

「WE」(ウェスタン・エレクトリック)のスピーカーケーブルは、おそらく、アルテックやJBLの箱の内部のスピーカーケーブルより、高品位なものなのでしょうから、スピーカー内の配線を交換するならば、このレベルでないと意味がありません。勝手に太いものに交換されてしまっておられる場合は、おそらく、音を悪くしているだけですので、元に戻してあげて下さい。その場合、16GAが適正でしょうが、長距離専用のスピーカーなどでしたら、こちらの14GAが適正になることもあり得ます。ケースバイケースです。音で、それは決めます。

世界最高峰のWE、伝説のWE、

その、標準、16GAより、かなり太め、長距離用の、8GAのスピーカーケーブルをどうぞ。特にコンサートホールでの、スピーカーケーブルとしての利用に、適正になります。

完璧主義の、そのまた上をいく、完璧なケーブルが、WE(ウェスタン・エレクトリック)、より線16GA、そしてこの、より線8GAのスピーカーケーブルです。

--------------------------------------------------------
これより先は、「お客様の声」とします。
--------------------------------------------------------



















WE(ウェスタンエレクトリック) 8GA スピーカーケーブル

WE(ウェスタン・エレクトリック) 8GA スピーカーケーブルは、20mから30m引いても、全く平気です。コンサートホールのスピーカーケーブルにどうぞ。

blank blank


無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 

blank