blank
blank
blank


blank blank

USBケーブル
FireWireケーブル
blank

Belkin ベルキン USBケーブル

unibrain(ユニブレイン) USB2.0ケーブル

unibrain(ユニブレイン)プリンター用!最速USBケーブル

unibrain(ユニブレイン)バージョン3.0 USBケーブル(標準B)

unibrain(ユニブレイン)バージョン3.0 USBケーブル(マイクロB)

unibrain(ユニブレイン)バージョン3.0 USBケーブル(マイクロB)青色

unibrain(ユニブレイン)5.0m USB3.0ケーブル 青色

unibrain(ユニブレイン)10m アクティブUSB3.0ケーブル マイクロBタイプ

TRIPP-LITE(トリップライト)社、USBケーブル(マイクロBタイプ)

C2G バージョン3.0 USBケーブル(標準Bタイプ)

C2G バージョン3.0 USBケーブル(マイクロBタイプ)

米国StarTech製 USBケーブル ミニBタイプ

Belkin ベルキン USBケーブル(ミニB端子)80cm 伸縮タイプ

Belkin ベルキン USBケーブル(ミニBタイプ)

C2G USBケーブル(ミニBタイプ)1.0m

Belkin ベルキン USB延長ケーブル 3.0m

C2G USB延長ケーブル 1.0m

Belkin ベルキン iPod用 ケーブル 1.8m

firewire 400 ケーブル

firewire 800 ケーブル

firewire 800-400 変換ケーブル

firewire 400-800 変換コネクター

firewire400(6ピン)- i LINK(4ピン) 変換コネクター




unibrain(ユニブレイン)バージョン3.0 USBケーブル(標準B)
30cm
: ¥2,900
50cm
: ¥3,100
75cm
: ¥3,300



お客様の声


- これがunibrain製!最良のUSB3.0ケーブル、バージョン3.0です! -
 
unibrain(ユニブレイン)バージョン3.0 USBケーブル(標準B)


unibrain(ユニブレイン)バージョン3.0 USBケーブル(標準B)  


なんと、あのunibrain社の、USB、バージョン3.0ケーブル!


★あのunibrain社のUSB、バージョン3.0ケーブル、満を持して新登場!


◎マイクロB端子の、unibrain社のUSB3.0がご入り用のかたは、下記をクリックしてください。

http://procable.jp/products/unibrain_usb3.0_microb.html



30センチと50センチ、そして、75センチです。バージョン3.0のUSBケーブルとしては30センチ、50センチなどというのは、最強の長さになります。音楽用の限界としては、unibrain製に限っての話ですが、特にバージョン3.0ともなると、相当長くなると思いますので、75センチでも、相当なものでしょう。

今回も、皆さんが意外に思われる事を当店はしました。20cmを作らず、30cmから、作ってもらったのです。理由は一つです。外付けハードディスクを接続するという前提では、30cmでも、音的には20cmと互角でしょうし、使い勝手のうえでは、遙かに勝っているからです。


音楽用には、例えバージョン3.0が優れているとはいえ、30cmと50cmが理想、長くても75cm、そのあたりでしょうか。

Price :
¥2,900〜 (税込)



   ↑長さを選択して下さい




■世界最良の、あの、unibrain社のUSBケーブル(バージョン3.0)

ファイヤーワイヤーケーブルの高性能ぶりで、世界を驚かせてきた、あの、unibrain社のUSBケーブルの、バージョン3.0!、満を持して、登場です!

今や、これこそが、世界で最良のUSB、バージョン3.0のケーブルになります。あの〇〇キン製の、1.0ランクくらいは、上をいくでしょう。unibrainというメーカーは、驚嘆すべきメーカーです。



★デジタルの欠落

デジタル転送時の、インピーダンスの不整合によるデジタルの欠落には、二種類ありまして、代表的で、最も厄介なものは、特性インピーダンスの狂い(USB2.0も3.0も同様に、特性インピーダンスは、90Ωと規定されております。)です。

あの〇〇キン社のUSBケーブルをも越えている、unibrain社のケーブルの特性インピーダンスが狂っている筈はありませんので、ケーブル部分は、間違いなく90Ωでしょう。ところが、プラグは90Ωではありません。これが問題で、短かすぎる場合には、プラグの影響力が相対的に大きくなっていきますので、トータルは、90Ωからずれていきます。

それを計算すると、理想の長さは、20cmから30cmくらいではないかと思えます。ところが、ケーブル長が、長すぎた場合、今度は、プラグのインピーダンス特性の狂いがケーブル内部の信号に影響して、ケーブル内部での損失がどんどん大きくなっていきます。

ということは、どれだけの長さが理想なのか?、ということになります。音楽の場合には、それが大いに音に関わっているという事です。

理想は、15cmから50cmほどだということは、分かっておりました。15cmは、50cmに、音的に勝ります。ところが、本当に15cmでいいのか?、20cmになったとしたら???

〇〇キン社が15cmものを出していたというだけで、我々もunibrain社に特注する時に、15cmで特注していたわけですが、実は、30cm、50cmというラインアップのほうが、音の為にはいいのではないかと思えます。それが今回、USB3.0を用意するにあたって、使い勝手と音とを両立する意味で、考えたうえで、用意させていただいたものです。





★上の写真のケーブルが、今回発売しました。unibrainのUSB、バージョン3.0です。

USBケーブルやファイヤーワイヤー(ieee1394)のケーブルは、とにかく長さに弱く、長さに対しては致命傷というほど、情報欠落が激しくなります。理想は20センチから50センチ、長くとも、音的には、75センチ、必要とあらば、1.0メートルまでに抑えたいところです。

★様々な実験を我々はしました。そして、長さのみならず、メーカーの品質は、さらに大事です。

市販されているランケーブルでは使い物にならないことが、判明してしまっています。オーディオ用だけではなく、コンピューター用のUSBやファイヤーワイヤーも、やはり、あらゆるものが、日本製では、ダメだったのです。

同様に短いケーブルも、国内にもあると思います。が、その実態は・・、全くの別もの!、でした。

実に簡単に、この、unibrainb社の、USB、バージョン3.0のケーブルに、してやられます。











unibrain社のUSBケーブルの用途は、音楽用、それと外付けハードディスク用などです。

パソコンミュージックをしておられるかたは、データーの保存に、外付けハードディスクを使ってみえる場合も多いと思います。

その場合、決して長いケーブルで結線してはなりません。「再生時に」、音を損ねます(保存時はエラー訂正しているから問題ないと思いますが、人によっては、保存時も音が違うと言うかたが、不思議に多いです。まだまだ音楽データーのエラー訂正は、不完全なものなのでしょう)。

いづれにしても、USB、バージョン3.0は30センチか50センチで結線してください。ハードディスクの置き場所によっては、75センチか、1.0メートルです(1.0メートルのほうは、C2G社のものを入手下さい)。端子が金メッキか銀メッキかなどは、二の次です。まず第一に短くなくては話になりませんので、2.0mや3.0mではいけません。


■上の写真は、unibrain社の長さに対する考え方です。unibrain社が30cmとした場合には、ケーブル部分だけで、30cmある事が多いです。

今回、ミニBタイプのUSBケーブルのほうで、別途、発表しましたStarTech社や、〇〇キン社の場合には、全体の長さで、15cmというケースが多いです。

このあたり、メーカーによって、考え方が違います。

プロケーブル注:)当店のアナログケーブルについての考え方は、1mと言った場合には、1mの音がしなければならない事から(アナログは長さによって微妙に音が変わりますので)、1mにケーブルを切ってもらって、そこからプラグを付けていただいておりますので、プラグが少しケーブル部分にかぶり、ケーブル部分だけを計測すると、1mを少し切ります。しかし、これが本当の1mだと当店では考えています。それは、アナログケーブルだからこその、考え方なのかもしれません。USBケーブルの場合は、デジタルケーブルになりますから、その考え方はしないでしょう。




★上の画像は、手前から、30cm、50cm、75cmとなります。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
これより先は、unibrain社のUSB、バージョン3.0ケーブルの「お客様の声」とします。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Aさんのコメント: ユニブレイン、USB3.0、30cmの、劇的な凄さにつきまして

いつもお世話になっております。
先日、御社に注文したユニブレインのUSB 3.0ケーブル(30cm)をさっそく使ってみました。

用途としては、Blu-rayドライブの読み込みです。
私はMac miniを使っており、内臓ドライブがありません。
ですので、必然的にCDの読み込みには外付けドライブを使うことになるのですが、このドライブの選定が厄介なのです。
ACアダプターを使わない、電源内臓型の外付けドライブがなかなか見つからないのです。
方々探して、やっと「ラトックシステム」という会社で出しているUSB3.0接続の5インチドライブケース、その名も「RS-EC5-U3」という機種を見つけた次第です。
これに、Amazonで見つけた一番安い、読み取り機能のみのBD-ROMドライブを入れて使っています。
内部基盤でSATAをUSBに変換するのですが、基盤のSATAケーブルは当然、御社で購入した「C2G L型 15cm」に換装済みです。

今までUSB 3.0ケーブルは以前御社より購入した、C2Gの1mを使っておりました。
ところが、困ったことにこのケーブル、今まで使っていたユニブレインのFireWire 400の20cmとほとんど差がないのです。
USB 3.0の1mとFireWire 400の20cmを単純比較すること自体、かなり無理があるのでしょうが、転送スピードが速くなれば音が良くなる、と思っていた私にはちょっと拍子抜けでした。
やはり1mという長さが、かなりのハンデとなっていたようです。
USB 3.0に余裕で肩を並べてくる、FireWire 400のポテンシャルの高さにも驚かされましたが…。
これが、未だに音楽業界で根強い支持者を保持し続けているFireWireという規格の凄さなのでしょう。

そんな中で、ついに御社が短いUSB 3.0を出してくれた、というわけです。
わかっていたことですが、やっぱり1mと30cmは雲泥の差がありますね(笑)!!
同じCDを読み込んでも、スタジオ録音とライヴ盤くらいの差がありますよ。
「こんなに聴こえていなかった音が隠れていたんだ!!」と、思わず声に出してしまいました。
それくらい空気感が違います。

ユニブレインの30cmはとにかく「生」なんです。
C2Gが特段悪い、ということでは決してないのですが、ユニブレインがずば抜けて素晴らしすぎる、といったところでしょうか。

言葉足らずの文章で申し訳ありませんが、とりあえずご報告まで。
それではよろしくお願いいたします。



プロケーブル注:)凄いコメントをいただいたものです。このかたには、グリフのハードディスクがもうじき入ってきますので、グリフにすれば、さらに音が良くなりますと、ご返答を差し上げております。
注意事項としましては、ファイヤーワイヤーの20cmと、C2GのUSB3.0の1.0mが、対等であったという、この結果です!

これは逆に言えば、C2GのUSBの3.0が、いかに凄いものなのかを、証明する事になる実験結果です。ただ、音楽再生の場合には、一発転送ですので、USB3.0のユニブレインのほうが良くなるでしょうが、データー転送用、バックアップ用に使うUSBケーブルで、1.0mほどの長さが必要な場合には、エラー訂正しますから、C2Gの、1.0mのUSB、3.0で、完璧な転送が出来るということです。
C2GのUSB3.0も、1.0mなのに、ファイヤーワイヤーの20cmと同じというのは、あまりにも凄い事です。
それから、さらに、それより凄いという、ユニブレインの、USB3.0の30cmともなると、もう化け物の領域なんでしょう。あり得ない事です。



----------------------------------------------------------------------

Bさんのコメント:

タイトル:流石です!ケーブル一本で効果大!

今回も想像を超えていましたので改めて
レビューさせていただきます。

変更点はグリフの外付けHDDをG2Cの1mから
今回購入したユニブレイン50cmです。
電気的に1m→50cmになったところで
何が違うのかさっぱり見当もつきませんが
まさかHDDの接続ケーブル交換が
これほどまでとは思いもよらない事でした。

聴こえ方でいえば、
重鉄タップの進化と同種の変化に感じます、
全域明瞭かつ倍音が増えております。
ということはやはりノイズがより入らなくなった?!
と考えるのが妥当でしょうか。
外付けHDDに入れている動画の品質まで上がったように
感じます。同じUSB3.0でもユニブレインのほうが
レスポンスがよいです。


スピーカーもAE線を同時に発注していたので、
延長して焦点の調整もばっちりです。
なんにしろ非常に低コストでグレードアップできました。





プロケーブル注:)この現象は、C2G社のUSBケーブルが劣っている
わけではなく、1mと50cmとの違いになります。

両社は、ほぼ同等の技術力だと思いますので、単にケーブル長による現象
ということになります。

なお、倍音が増えたのは、ノイズが入らなくなったわけではなく、デジタ
ルが、濃い音で、転送されるようになった事が原因です。

さすがに1mの長さのUSBでは、データーコピーの場合には、何ら問題あ
りませんが、HDDから直接音楽再生というようなケースですと、50cmに
比べますと、かなり不利になります。










unibrain社、USB、バージョン3.0ケーブル unibrain社のUSB、バージョン3.0のケーブルです。USB、バージョン3.0のケーブルの中では、C2G社と並んで、最高峰です。unibrain社のUSBケーブルの性能は、あの〇〇キン社のUSBをも越えており、全くの異次元です。

blank blank


無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 

blank