blank
blank
blank


blank blank

ヘッドフォン用ケーブル
blank

- ヘッドフォンの選び方の最終回答! -
 
ヘッドフォン 〇&〇〇 〇〇〇ny80 販売中止商品

ヘッドフォン 〇&〇〇 〇〇〇ny80  

ヘッドフォン 〇&〇〇 〇〇〇ny80


Price :
¥8,800 (税込)




★〇&〇〇 〇〇〇ny80


★〇〇〇ny80は、褒められたものではありませんでしたが、定価は高いです。一個限りですので、早いもの勝ちになります。ご了承下さい!



この、〇〇〇ny80というヘッドフォンにはまいりました。期待が大きかっただけに、試した結果は、散々であったと告白します。

本文の写真を見ていただきますと分かりますが、〇〇〇ny80は、非常に小さいのです。したがって、耳たぶの上に乗ってしまって、耳たぶ全体を囲って、頭蓋骨に圧着するだけの大きさがありません。

ここでヘッドフォンの最終回答もついでに書いておきます。耳たぶの上に乗るほど小さいヘッドフォンは、密閉型といえども、耳たぶの隙間から空気が出入りしますので、密閉型とは言えません。

〇〇〇ny80のように、小さく作るのは、単なるコストダウンでしょう。

もうこれは販売する気はありませんので、サンプルとして取り寄せたものは、お安く提供致します。どなたか、必要とされているかた、お買い求め下さい。激安で出します。

下の写真が、その、〇&〇〇 〇〇〇ny80、です。

★〇〇〇ny80、は、写真だけでは、大きさが分かりません。要注意です。
G&BL_ebony80

★〇〇〇ny80、については、どういう事が言いたいのか?


どういう事が言いたいか、説明致します。

下の写真を見てみて下さい。

AKGにも色々なサイズのヘッドフォンがあり、あるものは、利益用、つまりコストダウン
されているものであり、あるものは、サラブレッドです。値段はあまり関係ありません。


この写真の中でのサラブレッドは、AKG K240 studio、と、AKG K240 MKII、です。

反面、他の二つを見てみて下さい。非常に小さいです。小さいですが、密閉型となってい
ます。
しかし、先述しましたように、耳たぶの上に乗っかるだけですから、隙間から空気
が漏れて、密閉型の役割を果たしていません。
〇〇〇ny80も、残念ながら、そうなります。
密閉型の長所が、〇〇〇ny80には、全く皆無なのです。

参考までに、AKG K240 MKII、と、〇〇〇ny80、が、並んでいますので、大きさを比べてみ
て下さい。歴然たる違いがある事が分かりますでしょうか?


なお、木製だから、木製の音がするかと言いますと、ヘッドフォンというのは、そんなに
甘いものではありませんでした。

★〇〇〇ny80、の、音につきまして

案の定、小さすぎるのか、音も中域がもっこりした、低域と高域があまり出ないようなダメ
な音であったと告白します。

それでも音楽は聞けてしまうところが恐ろしいところではありますが、まともなものに比べ
れば、〇〇〇ny80の「劣化」は、一目瞭然でしょう。


特に、AKGのK240 studio、は、絶品です。一度使ってみてください。
購入先は、サウンドハウスがお安いでしょう。

ebony80


上の写真は、左側二つが大きいヘッドフォンです。右側二つが、小さいヘッドフォンです。
K240 studio、と、その右側にある、K171mk2とを比較すると、同じメーカーで、なぜに
これほど大きさが違うのかと、驚かれるでしょう。

同じAKGでも、K171のほうは、〇〇〇ny80同様、全く駄目だったと告白します。こういうものは、届いて開封した瞬間、がっかりする
というほどに、違いが、見ただけで、明瞭なのです!!


上側のK240mk2と、その右側の、〇〇〇ny80との大きさの違いも、下側の二つと全く同様の
大きさの違いです。


恐ろしい話じゃないですか!?

〇〇〇ny80には、全くもって、密閉側の長所がありません。なぜなら、耳たぶ全体を覆わな
いですから、耳との間に出来た隙間から、空気が漏れてしまうからです。




ebony80



G&BL_ebony80

↑↓ 〇〇〇ny80と、AKGのK240とは、これだけ大きさが違います。









★当店が最もお勧めするヘッドフォンは、この、〇〇〇ny80など
ではなく、AKGのK240 studio、だということも、ここに明記
しておきたいと思います。


★ヘッドフォンを選ぶ時には、耳たぶごと、すっぽり覆ってし
まうだけの、十二分な大きさのものを、お選び下さい。







ヘッドフォンの選び方の最終回答!

ヘッドフォンの選び方の最終回答!

blank blank


無断転載を固く禁じます| copyright 2005 PRO CaBLE | 

blank